無料ブログはココログ

カテゴリー「心理学基礎」の記事

死を宣告された人のプロセス

キューブラー・ロスは死を宣告された際に、次の5つのプロセスを経て詩を受容すると説明しました。

①否認(事実の否認)

②怒り(自分や周囲への怒り)

③取り引き(神仏への願い)

④抑うつ(喪失感)

⑤受容(死の受け入れ)

産褥期における精神疾患等③

産褥期精神病

・産後早期から急性に発症し、若干の見当識障害に思考散乱が伴い錯乱状態を表しやすい。

・予後は比較的悪くはないが以後の出産で再発しやすいとされています。

産褥期における精神疾患等②

産後うつ病

・産褥婦の約10%にみられ、産後2週間以降の発症が多いです。

・乳児への優しい気持ちがもちにくく、育児がおろそかになるほか、自責感が強まると子殺しや母子心中につながることもあるため注意を要します

産褥期における精神疾患等①

マタニティブルーズ

・産褥3~10日の間に生じ、軽度の抑うつ感、涙もろさ、不安感、集中力困難などの症状がみられます。

・30~50%の産褥期にみられ、症状は数時間から数日で消失します。

共感・共感的理解

ロジャーズのパーソンセンタード療法における心理職が備えるべき態度とスキルの3条件のひとつ。

心理職がクライエントが今・ここで感じ、考えていることをクライエントの身になって十分体験しようとし、それをクライエントに伝えていくプロセスです。

これは心理職にとって必要不可欠な基本的態度であると同時に、あらゆる人間関係にとっても重要であることを強調しました。

平木典子『統合的介入法』より引用

保健所における精神保健福祉に関する業務

①企画調整:地区の現状把握及び情報提供、保健・医療・福祉にかかる計画の策定

②普及啓発:心の健康づくりに関する知識の普及・啓発、精神障害に対する正しい知識の普及、家族や障害者本人に対する教室等

③研修:各関係機関等の職員に対する研修

④組織育成:患者会・家族会・断酒会などセルフヘルプグループ・ボランティア団体に対する助言や指導

⑤相談:保険・医療・福祉に関する広範にわたる相談

⑥訪問指導:本人・家族に対する説明と同意のもとに行う

⑦社会復帰及び自立と社会参加への支援:保健所デイケアその他の訓練指導の実施、関係機関の紹介

⑧入院等関係事務:移送に関する手続きへの参画、精神科病院に対する指導監督

⑨ケース記録の整理と秘密の保持:相談指導ま記録を整理保管、個人情報保護への配慮

⑩市町村への協力及び連携:市町村への情報提供・協力・支援

精神保健福祉センターによる精神保健福祉に関する業務

①企画立案:専門的立場から社会復帰の推進や地域における精神保健福祉施策の提案・意見具申

②技術指導及び技術援助:保健所、市町村及び関係機関に対し、専門的立場からの技術指導及び技術援助

③人材育成:保健所、市町村、福祉事務所、障害福祉サービス事業所等その他の関係諸機関に従事する職員への教育研修

④普及啓発:一般住民に対し、精神障害について、正しい知識、権利擁護等を普及

⑤調査研究:必要な統計及び資料の収集整備・提供

⑥精神保健福祉相談:複雑又は困難な精神保健福祉全般の相談

⑦組織育成:家族会・患者会などの育成

⑧精神医療審査会の審査に関する事務:退院請求当の受付

⑨精神通院医療及び精神障害者保健福祉手帳の判定:精神通院医療の支給決定、精神障害者保健福祉手帳の申請に対する判定業務

市町村による精神保健福祉に関する業務

①企画調整:地域の実態把握

②普及啓発:関係部局との連携

③相談指導:地域生活支援事業(相談支援事業)

④社会復帰及び自立と社会参加への支援:障害支援区分の認定、サービスの支給決定、自立支援給付(介護給付、訓練等給付、自立支援医療)等、地域生活支援事業(地域活動支援センター、移動支援等)、市町村障害福祉計画の策定、各種社会資源の整備、精神障害者保健福祉手帳関係事務

⑤入院及び自立支援医療費(精神通院医療)関係事務:精神通院医療の支給認定の申請の受理と進達、医療保護入院について市町村長の入院同委の際の人権保護上の配慮

⑥ケース記録の整備と秘密保持:相談指導の記録を整備保管、個人情報保護への配慮

⑦その他:市町村障害者計画の策定

エリクソンの発達課題

エリクソンは(Erikson,E.H)は思春期かにアイデンティティの獲得に至るための乳児期の「基本的信頼」が大切であると考えました。

また、ライフサイクル(人の誕生から死までの、人の一生の過程)の各発達段階において、各々の発達課題を乗り越えることが必要であると考えました。

■発達段階-発達課題■

①乳児期(口唇・感覚期)-基本的信頼 VS 不信

②幼児期前期(筋肉・肛門期)-自立性(自律性) VS 恥、疑惑

③幼児期後期(運動・性器期)-積極性(進取性) VS 罪悪感

④児童期(潜在期)-生産性(勤勉性) VS 劣等感

⑤青年期(思春期)-同一性 VS 同一性拡散

⑥青年期初期(若い成人期)-親密 VS 孤独

⑦青年期中期-生殖性 VS 停滞

⑧青年期後期(円熟期)-自我統合 VS 絶望

成功するカウンセリングのプロセスで生じること

ロジャーズは、成功するカウンセリングのプロセスとして、「自己受容のプロセス」「表面的な、人の目を気にした自分」から「より深く、自分自身の心の声に根ざした自分」へと変化していくと説明しています。

・偽りの仮面を脱いで、あるがままの自分になっていく。

・「こうあるべき」とか「こうするべき」といった「べき」から自由になっていく。

・ほかの人の期待を満たしつづけていくことをやめる。

ほかの人を喜ばすために、自分を型にはめるのをやめる。

・結果ではなく、プロセスそのものを生きるようになる。

・変化に伴う複雑さを生きるようになっていく。

・自分がいま何を感じているかに気づくようになっていく。

・自分のことをもっと信頼するようになっていく。

・他の人をもっと受け入れるようになっていく。

ロジャーズは、より自分らしい、あるがままの自分になる人はこうした方向に向かっていくと説明しています。