無料ブログはココログ

カテゴリー「一問一答」の記事

一問一答。

皆さんこんにちは、笠井です

今日は「職場のメンタルヘルス」です。

○×問題です。

問題文中の「主語」に気をつけ文章中の「違和感」を感じてください。

試験会場で皆さんの実力が発揮される事をお祈り申し上げています。

①わが国の労働者の自殺者数は1998年以降、3万人前後で推移している(答え テキスト278頁 4行)

②精神障害による労災補償は、おおむね横ばいである(答え テキスト281頁 5行)

③労働安全衛生法の2つの目的とは「労働者のこころの健康増進」と「快適職場環境の形成と促進」

である。(答え テキスト282頁 )

④労働基準法では義務主体を「事業者」、労働安全衛生法では義務主体を「使用者」としている。

(答え テキスト283頁 2) )

⑤安全配慮義務とは、労働者の労働契約上の付随義務である(答え テキスト284頁 )

⑥トータル・ヘルスプロモーション・プランの推進に関して産業医は健康診断を行う。

(答え テキスト288頁 下から6行)

⑦トータル・ヘルスプロモーション・プランにおける健康づくりスタッフとは

産業医、心理相談担当、運動指導担当、運動実践指導担当、産業保健指導担当、栄養管理指導担当、である。(答え テキスト289頁 )

⑧衛生委員会は常時100人以上の労働者を使用するすべての事業場に設置が義務付けられている

(答え テキスト293頁 )

⑨セルフケアとは、一般労働者を対象にしており管理監督者は対象外である。

(答え テキスト295頁 4行)

⑩事業場内産業保健スタッフは守秘義務があるので他の機関とのネットワークを持つ事は極力避けた方が良い(答え テキスト298頁 )

穴埋め問題

皆さんこんにちは、笠井です

今日は穴埋め問題です。

※注(  )の大きさと実際に入る文字数には関係ありません

カウンセリング理論より 

①オペラント条件付けは(  )の実験に端を発している(答え テキスト58頁)

②特性因子論は教育測定運動、(  )から発達したものである。(答え テキスト65頁)

③論理療法は(  )により創始された。(答え テキスト66頁)

④ゲシュタルトとは(  )や(  )(  )を示すドイツ語である(答え テキスト68頁)

⑤交流分析には(  )(  )(  )(  )の4つの分析がある(答え テキスト70頁)

⑥家族療法では問題や症状を出した人を(  )と呼ぶ(答え テキスト73頁)

⑦フランクルによるナチス収容所での体験ともに書かれた本のタイトルは(  )である。

(答え http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E3%81%A8%E9%9C%A7_(%E6%96%87%E5%AD%A6)

⑧森田療法は(  )に対する精神療法の一技法である。(答え テキスト78頁)

⑨SSTとは(  )の略である。(答え テキスト79頁)

⑩アサーショントレーニングでは対人関係の様式を(  )(  )(  )の3つに分類している。

(答え テキスト80頁)

一問一答○×問題。

皆さんこんにちは、笠井です

何を書こうかと迷いましたが、ここは実践的に、一問一答○×問題。

横浜の勉強会で担当した所からの問題です。

①わが国の女性の労働力率のグラフはN字型が特徴である(答え テキスト212頁)

②人事管理の機能には雇用管理、報酬管理、個別能力管理の3つがある(テキスト218頁)

③職業生活におけるストレスの原因の一位は「仕事の質」である。(答え テキスト277頁)

④安全配慮義務は労働基準法に記載されている。(答え テキスト284頁)

⑤ラザルスは「ストレスは人生のスパイスだ」と述べている。(答え テキスト300頁)

⑥プライバシーの保護はどんな場合でも最優先される。(答え テキスト313頁)

⑦「病感」とは自分自身が病気であると認識できることである。(答え テキスト313頁)

⑧「寛解」と「完治」と同義である。(答え テキスト317頁)

⑨DSMⅣ-TRは世界保健機関が発行している国際疾病分類である。(答え テキスト329頁)

⑩うつ病は一般的に午前中の気分が良い。(答え テキスト333頁)

いかがでしたか?

産業カウンセリング概論より②

○か、×かいずれかでチェックしてください。
1.職場で生じた問題の解決のために、外部相談機関等にクライエントの問題の解決をゆだねるのは適切ではない。

2.職場での好ましい人間関係維持のためには、相互に建設的な解決を意図することが必要であるので、産業カウンセラーは、クライエントの職場環境に働きかけることも大切である。

3.従業員の能力開発について考えることは産業カウンセラーの重要な仕事である。

4.職場のメンタルヘルス活動は、産業保健スタッフ、人事労務担当者、管理監督者のチームワークにより推進される。ただし、産業カウンセラーは非常勤の場合が多く、また個人のプライバシー保護の観点からチームメンバーとはなり得ない。

5.産業カウンセラーは自発的来室を待つのみではなく、ラインからの依頼を受けやすいよう、産業保健チームによるメンタルヘルス教育等の日常活動にも積極的に参加し、相談室が援助の場であることの理解を深めてもらう必要がある。

解答:1.×、2.○、3.○、4.×、5.○

産業カウンセリング概論より①

○か、×かいずれかでチェックしてください。

1.産業カウンセラーは、面接後、出来るだけ毎回クライエントのケース内容について、組織の上司に報告することが大切である。

2.産業カウンセラーは、クライエントのケースについて、いかなることがあっても秘密保持を守らなければならない。

3.産業カウンセラーは、クライエントに自殺のおそれがある場合には、家族や上司に早急に連絡をとる必要がある。

4.産業カウンセラーは、働く人の人間的成長を援助することを考えなければならない。

5.クライエントを援助する方法として、カウンセラー自身のいわゆる「守備範囲」を越えると思われる相談内容については、その専門家に照会することもやむを得ない。

解答:1.×、2.×、3.○、4.○、5.○

雇用管理の問題

先日の勉強会で質問された問題文の解答を書かせていただきます。その場で、私は答えがわからなかったので、実はちょっとショックだったのです^_^;

まず、問題ですが、以下の文章が○か、×かというものです。

「従業員にどのような賃金で仕事を与え、どのような能力に応じた資格制度と研修計画を客観的な基準で決めておくことが必要である。それが人事制度である。」



解答は「×」。

理由は、
「従業員にどのような賃金で…」ではなく、「従業員にどのような基準で…」が正しいということです。つまり「賃金」ではなく「基準」が正解。
難しすぎる(ーー;)




防衛機制

防衛機制のうち、相手に対する憎しみを、絵画や文学のような社会的に評価される芸術活動へと方向付けすることを何というか。

1.合理化
2.抑制
3.投射
4.退行
5.昇華



正解:5

人気blogランキングへ<(_ _)>

(SYN)

EAPの問題

職場のメンタルヘルスに関する次の記述のうち、間違っているものの組み合わせはどれか。

A.EAP(従業員支援プログラム)は、アメリカで従業員と家族のストレスによる企業損失の対策として始められ、著しい経済効果をあげた。
B.EAP(従業員支援プログラム)は、問題解決を援助することが、作業能率と生産性の向上につながるという考え方が根底にある。
C.EAP(従業員支援プログラム)は、長期カウンセリングを原則としている。
D.EAP(従業員支援プログラム)は、現在、アメリカの半数の企業が利用している。
E.EAP(従業員支援プログラム)は、従業員へのカウンセリングを専門機関に委託する、一種のアウトソーシングである。

1.AとB
2.BとC
3.AとC
4.AとE
5.CとE


正解:3

人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

各理論・療法のまとめ

・精神分析療法
・来談者中心療法
・ゲシュタルト療法
・交流分析
・論理療法
・内観療法
・実存分析
・現実療法

の創始者・提唱者はしっかり覚えておくこと。

第66問の解答:精神分析療法・フロイト

試験まで1週間少しとなりました。いろいろ不安がよぎってくる頃だと思います。

「昨年あたりから問題が一層難化したとの噂を聞きかなり不安です」というメールを頂いたりもしています。

昨年の経験からすると、噂は噂ですので、ご心配なく。
昨年度の問題も、けっして難しくなかったです(個人的には15、16年度の方が難しかったと思います)。
ベーシックなことをしっかり押さえておけば、必ず合格できます。

決して重箱の隅をつつくようなことはしないでくださいね。この意味の根拠は何だ、あの意味は何だ、と細かいところに入っていくと、試験範囲が広いだけに致命傷となります。「みんなができるところを確実に取る」これが基本です。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

第66問

「自由連想を土台にして力動的な患者・治療者関係を展開し、分析・解釈という方法によって問題の発見と洞察をすすめる」心理療法及び提唱者は誰でしょうか?

第65問の解答:ゲシュタルト療法・パールズ

今日は、湯島天神に、みなさんの合格祈願に行ってきました。
すごい人でしたが、きっとご利益があると思います。
あと、1週間と少し、ラストスパートですね。


人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック