無料ブログはココログ

« 歳をとると… | トップページ | エーリッヒ・フロムの言葉 »

挫折したら逃げる?向かい合う?

物事に失敗したら、そこから逃げたり、二度と触れないようにします。

したがって失敗は嫌だ、避けるべきものと捉えている。

私自身もそうである。

しかし、歩き始めの幼児は、転んでも転んでも歩こうとする。

なぜ?

自分を実現しようとすることには、失敗してもトライするというのが「実現傾向」、つまり「自己実現」に人は向かうというもの。

「自分のうちに潜んでいる可能性を発揮して、事故というものを伸ばしたい」という傾向が人にはあるようです。

失敗しても再チャレンジしたいものは、自分の可能性があるものなのかもしれません。

失敗して、二度としたくないもの、それからは早めに退散した方が良いのかも。

Phm22_0850

« 歳をとると… | トップページ | エーリッヒ・フロムの言葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歳をとると… | トップページ | エーリッヒ・フロムの言葉 »