無料ブログはココログ

« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月27日 - 2016年12月3日 »

2016年11月20日 - 2016年11月26日の8件の記事

パニック障害

「死んでしまうのではないか」というような恐怖に突然襲われ、動悸、胸痛、窒息感、めまいや非現実感など発作的に起こるものです。

通常は数分から10分以内に治まります。

統合失調症の治療

抗精神病薬が用いられます。

抗精神病薬の服薬による再発防止効果は確立しています。

本人や家族への心理教育、訪問型の地域ケア(ACT、訪問看護など)、社会生活技能訓練(SST)などの心理社会的治療も組み合わせて実施することで、社会適応水準の改善や再発・再入院防止の効果があります。

統合失調症

主として思春期から青年期に発病し、再発を繰り返しながら慢性に経過します。

精神科入院患者の約60%を占めており、生涯罹患率は0.3~2.0%で、罹患率は人口の0.7%です。

原因は明確ではありません。

統合失調症の精神症状は、陽性症状と陰性症状に分かれます。

陽性症状には、①幻覚、②妄想、③顕著な思考障害(思考破裂)、④緊張型症状などがあります。

陰性症状には、①意欲や自発性の低下、②ひきこもり、③表情や感情の動きが乏しくなるなどがあります。

集団思考

集団で合議を行う場合、不合理あるいは危険な意思決定が行われることをいいます。

集団的浅慮とも呼ばれます。

集団凝集性が高いほど、集団思考が生じやすいです。

集団極性化

集団討議によって意思決定がなされる場合、討議後の集団の反応が討議の前の個々人の反応に比べて、より極端になって現れる現象をいいます。

より危険性の高い決定がなされること=リスキーシフト。

より安全性の高い決定がなされること=コーシャスシフト。

社会的補償

集団の成果が個人にとって重要な意味をもつとき、努力が規定できないメンバーの不足分を補うように遂行量・努力が向上することをいいます。

気分障害

代表としては、うつ病と双極性感情障害(躁うつ病)があります。

うつ病は注意力や集中力が減退し、自己評価が低下したり、自信の欠乏がみられます。

睡眠障害が起きやすく、寝つきは比較的保たれているものの、睡眠中断が多く、夜中や明け方に目が覚め、その後眠れないことが多いです。

日内変動(午前中に調子が悪いことが多い)や食欲不振や過食の身体症状を伴うことも多いです。

うつ病の症状に対して、叱咤激励は避けます。

回復期の自殺企図には注意します。

重症うつ病では、通電療法(電気けいれん療法)を行う場合があります。

躁病エピソードは、気分の効用が特徴です。気力や活動性の亢進があり、極端に睡眠時間が短くなることがあります。社交性が高まり、行動の抑制がきかなくなることがあります。易怒的症状がみられます。

社会的手抜き

集団で課題を遂行する場合に各自の成果が問われないならば、自分ひとりくらい手を抜いてもかまわないと考えるようになることをいいます。

集団の人数が多くなるほど発生確率は高まります。

« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月27日 - 2016年12月3日 »