無料ブログはココログ

« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2016年1月10日 - 2016年1月16日の2件の記事

独り言・高校サッカー

子供がサッカーをやっているので、お正月の高校サッカー全国大会を毎年楽しみに見ています。

今年の優勝高校は東福岡高校で5対0という圧倒的な強さで優勝を飾りました。その決勝戦の相手は国学院久我山高校で、何と、うちのご近所さんがその付属中学に通っています。もちろんその子はサッカーなんてやっていないし、お前には関係ないだろうと言われればそれまでですが、バッタリ会った時にサッカーの話をしたら、何と準決勝の時は、埼玉まで応援に行ってきたそうです。

聞いた時は、まぁビックリw(゚o゚)w

うちがテレビで見ていたあの試合を、まさか、生で見てきたとは! と思って。でも、それぐらい準決勝は接戦で、いい試合でした。うちの子も「Jリーグの試合より面白いね。みんな上手い!」というくらい。

まぁ、決勝で久我山は負けちゃったけど・・・。

しかも結果は5対0で完封。この差で勝った東福岡は凄いな、準決勝で2対0で星稜高校を抑えているぐらいだから、さすがだなと感心していたんですよ。それなのに、残念な記事が一昨日出ていたので、ちょっと書かせてください。

記事はこちら ↓

http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_296338/

東福岡の子たちは、Jリーグからお誘いの声が一人もかかっていないそうです。こんなに強いチームで、いい選手もいるのに、残念です。

記事にはユースの子じゃないと、選ばれにくいとあるけれど、事実どうなんでしょう? 高校サッカーの全国大会で優勝するというのは、ユースチームの選手たちにも匹敵する実力を兼ね備えていると思うのですが、選ぶ人たちからすると、彼らを評価していないのでしょうか。5対0はスゴイと思うけどなぁ。

――その前に、いきなりユースとか言ってもわからないかな。一応、簡単に説明しますと、うちも地元のJリーグのスクール生をやっていますが、U-12とかU-18って、聞きませんか? あれの事です。スクール生の中から選抜された子たちが入るんです。そして、ここがポイントですが、スクールに通っていない子たちは選ばれません。

更に当たり前ですが、スクールに通うにはお金がかかります。

まぁ、うちみたいに、ユースに選ばれなかった子たちは、部活に入ったり、別途地元のクラブチームに所属しながら、サッカーをしているのですが、そうではなく、単にスクールに通っていないだけの実力のある子たちもいると思うんですよ。

上手ければスクールにタダで通わせてくれるという所もあるのかもしれませんが、関東のスクール生の中で、そんなスカウトをされて入った子の話は聞いたことがありません。他所の地域では分かりませんが、だいたい似たり寄ったりではないでしょうか。自分からお金を払って来なさいよ、というのが実際の所だと思います。

実力がないから声がかからない、というのであれば、仕方がないと思いますが、実力があるのに声がかからない、というのであれば、正してほしいと思います。

これからのJリーグ、ひいてはワールドカップを考えると、実力を持った選手には、どんどん声をかけて、強化選手として育ててあげてほしいです。

といっても、市や県でも強化選手を選んで、練習場所を提供したり、試合を行ったりはしていますが、この中にユースのメンバーは入らないんですよthink

せっかく市や県がお金を出してくれているのに、参加するのは地元のチームの子たちのみ。また中学や高校に上がれば、部活の子も入りますが、ユースの子たちの参加はありません。それでいて、地元の子たちが参加する県大会や全国大会には出場して彼らと戦うわけですから、「あんたたち、いったいどーゆーつもり?」ってなモンです。何だかイヤな感じがするでしょ。

彼らには彼らの練習があり、試合があるのだから、仕方がない、という事ですが、何となく釈然としないのは私だけでしょうか?

そして、お金を払ってJリーグ組織の高い合宿費や授業料を払って所属し続け、ユースに残れた子だけが、晴れてJリーガーという流れになっているわけです。

これを知ると、今の高校サッカーのJリーグ入りは、お金をかけた子とそうでない子に分けて判断しているのかと、つい思ってしまいます。

サッカーの奨学金制度ってないし。

男子のサッカーって、今現在FIFAランキングは53位で、はっきり言って、あんまり強くない。だけど、それでもこれだけワールドカップでは盛り上がるんだから、強い選手を入れてもっと力をつけたら、もっと楽しめると思う。

私にはまったくJリーグやその手の関係者にコネはないけれども、この記事を読んで、サッカーのユースってこんななんだな、と知ってもらい、ひいてはそれがこういうこぼれてしまう実力のある子たちを拾う一助になれたらと思い、書かせていただきました。

私が書いたって、助けにはならないかもしれないけれど。

日本代表に選ばれる選手、あるいはサッカー選手になれる一番の条件は、実力であってほしい。そんな思いがあります。

最後まで読んでくれて、ありがとう<m(__)m>

(by はろ)

緊張を和らげるために

今年は暖冬とはいえ、朝夕は冷え込みますね。そんな中、試験日も近づいてくるし、体調管理が気になる今日この頃。

近所の子は来週の16、17日は、大学のセンター試験だそうです。

試験前って、ちょっと緊張しますよね。体調も気になりますが、精神的にもプレッシャーや緊張でドキドキドキドキ・・・。

試験会場に入ると、じっとしていられず、待ち時間の間、緊張してトイレに通いまくってしまう・・・なんて事もありがちです。そんな時にちょっとした緊張をほぐすコツをご紹介したいと思います。

効くかどうかは、その人次第の部分もありますが、もしよろしければお試しあれ(^_-)-☆

〈緊張緩和法〉

其の一、

椅子に深く腰かけて、目をつぶる。鼻から3~4秒吸って、吐くときはその倍の時間をかけて(7~10秒もしくはそれ以上かけて)できるだけゆっくり、細く長く口から息を吐き出します。これを1分ほど行ってください。

なお、1分では足りないと思う方は2~3分行ってもいいです。ただし、人前でやる場合、目をつぶるのは恥ずかしいという方もおられると思うので、その場合は目をつぶらくなくても、鼻から吸って口で吐く、という呼吸法を最低でも3分は行います。

試験会場の場では、窓の外や会場の中、周りの雑音等もよく聞いてください。周囲にいる人たちを観察してもいいし、とにかく始める前に、周囲をきょろきょろと見回して、周りの環境を頭に入れて、意識しておきます。

――なんていうと、「意識したら、返って緊張しちゃうんじゃないの?」と思うでしょうが、これが逆なんだなcoldsweats01。周りに馴染めないから緊張しているんです。だから、周りをよく見て、周囲の景色や状況を頭の中にインプットさせてから、上記の要領で深呼吸します。そうして、自分はこの中の一部、今ここで、生きて、呼吸して、存在しているんだぞ。と当たり前のことを、あえて自分に教えてあげます。

なぜって、試験会場では試験の事で頭がいっぱいか、もしくは試験が上手くいくかどうかの瀬戸際で、結果ばかりが気になって、固くなっているでしょう?

だから、「試験会場にいる自分」の方に意識を向け、試験の事から少し意識をずらし、緊張を解いてやります。意識を自分もしくは周りにいる人たちに向けて、その人たちと自分は同じなんだ、仲間なんだぞ、と繋がるような感覚で呼吸すると落ち着いていきます。この時、一体化するイメージを持つようにしてください。

ちなみに教室の景色や人なんて見たくない、というタイプの人もいると思うので、そういう人は空や雲、近くの木等、自然の景色を見て、風や光を感じるのも効果的です。自然と自分は繋がっている、というイメージを持つと緊張が薄れていきます。

また、緊張しているときは、浅い呼吸をしがちなので、口にある息を全部吐き出してから、吸ってください。

吐いてから、吸うのがコツです。吸ってから吐くと浅い呼吸しかできません。息を全部吐き出すと苦しいはず。苦しいと思って、ガバッと吸うとたくさん息が吸えるんですよ。これが本当の深呼吸。ヨガや呼吸法でもこうやって指導しています。

其の二、

マッサージをする。まずは手。親指と人差し指の付け根を揉む。そのあと、指先をひとつひとつ爪を押さえつけて、2~3秒押しっぱなしにしてから離す。これを全部の指に行い、最後は指をこれもひとつひとつ丁寧に揉んでいき、「今日は頼みます」などと、心の中で手にお願い&感謝します。

いつもは手に感謝なんてしませんね? でも手はあなたの命令でいつも働いてくれています。これも意識して、マッサージが面倒というのなら、せめて手をさすって、「いつもありがとう」と心の中で言ってあげます。首筋や頭も同様に撫でたり、ツボを押して、労わってあげるとより効果的。これから使うのに!?と思うかもしれませんが、使う前の準備運動だと考えて、優しくマッサージをしてあげてください。

こうする事で手や頭は温まって元気になります。手が元気になると、あなたの心も不思議と元気になるでしょう。更に言えば、走ったり、その他の運動をする時も同様で、よく使う身体の部分をマッサージしたり、撫でてやって、労りの言葉をかけて感謝する事で、よく使う部分は程度の差はあれ、よくなります。すると、あら不思議。緊張もほぐれ、心の中がほんのりと温かくなっている事に気がつきます。

大事にされてウレシイ、感謝されたらウレシイというのは、自分の意識ある脳みそ(あるいは心)の部分だけではなく、身体の一部分も同じなのです。テストの時に使う手や頭を大事にしてあげてください。

試験が上手くいきますように。心からお祈り申し上げます。

(by はろ)

« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック