無料ブログはココログ

« 集団思考 | トップページ | 統合失調症の治療 »

統合失調症

主として思春期から青年期に発病し、再発を繰り返しながら慢性に経過します。

精神科入院患者の約60%を占めており、生涯罹患率は0.3~2.0%で、罹患率は人口の0.7%です。

原因は明確ではありません。

統合失調症の精神症状は、陽性症状と陰性症状に分かれます。

陽性症状には、①幻覚、②妄想、③顕著な思考障害(思考破裂)、④緊張型症状などがあります。

陰性症状には、①意欲や自発性の低下、②ひきこもり、③表情や感情の動きが乏しくなるなどがあります。

« 集団思考 | トップページ | 統合失調症の治療 »

心理用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/64523215

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症:

« 集団思考 | トップページ | 統合失調症の治療 »