無料ブログはココログ

« 構造(家族)療法(structural family therapy) | トップページ | OKである »

TAOK(トーク)

杉田(九州大学)と水野(岡山大学)によって開発された質問紙法のエゴグラム・テストです。

テストの特徴は自我状態と基本的構え(OK、not OK)を同時に測定し、この両面から個人の対人関係の様式をとらえる点にあります。

これによって、従来のエゴグラムで同じような形を示す人たちが、実際の生活場面で異なった対人関係や適応状態を示す理由が明らかにされます。

TAOKは120問からなるリッカート・タイプの尺度で、自我状態は主に行動レベルでたずね、基本的構えは主に態度レベルでたずねるようになっています。

グラフは偏差値によって示され、虚偽尺度も加えられています。


『TA用語100』
より引用

« 構造(家族)療法(structural family therapy) | トップページ | OKである »

TA用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/64343557

この記事へのトラックバック一覧です: TAOK(トーク):

« 構造(家族)療法(structural family therapy) | トップページ | OKである »