無料ブログはココログ

« 自律性(Aitonomy) | トップページ | 市町村による精神保健福祉に関する業務 »

エリクソンの発達課題

エリクソンは(Erikson,E.H)は思春期かにアイデンティティの獲得に至るための乳児期の「基本的信頼」が大切であると考えました。

また、ライフサイクル(人の誕生から死までの、人の一生の過程)の各発達段階において、各々の発達課題を乗り越えることが必要であると考えました。

■発達段階-発達課題■

①乳児期(口唇・感覚期)-基本的信頼 VS 不信

②幼児期前期(筋肉・肛門期)-自立性(自律性) VS 恥、疑惑

③幼児期後期(運動・性器期)-積極性(進取性) VS 罪悪感

④児童期(潜在期)-生産性(勤勉性) VS 劣等感

⑤青年期(思春期)-同一性 VS 同一性拡散

⑥青年期初期(若い成人期)-親密 VS 孤独

⑦青年期中期-生殖性 VS 停滞

⑧青年期後期(円熟期)-自我統合 VS 絶望

« 自律性(Aitonomy) | トップページ | 市町村による精神保健福祉に関する業務 »

心理学基礎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリクソンの発達課題:

« 自律性(Aitonomy) | トップページ | 市町村による精神保健福祉に関する業務 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック