無料ブログはココログ

« 産業カウンセラー学科試験の勉強について | トップページ | トップドッグ(勝ち犬) »

アンダードッグ(負け犬)

ゲシュタルト療法の用語。

自分の中の反抗する部分のことです。

しかし、その反抗性は受け身的で、防衛的です。言い訳や引き延ばし、泣き落としなどの操作的な形になります。

交流分析のAC(順応した子ども)の中の「反抗する子ども」に近いです。

「負け犬」と対立する「勝ち犬(○○すべき)」から影響を受けると、弱さを用いて抵抗します。

パールズは、「勝ち犬」と「負け犬」がケンカしたとき、ほとんどいつでも最後に勝利をおさめるのは「負け犬」と指摘しています。

« 産業カウンセラー学科試験の勉強について | トップページ | トップドッグ(勝ち犬) »

TA用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/64207522

この記事へのトラックバック一覧です: アンダードッグ(負け犬):

« 産業カウンセラー学科試験の勉強について | トップページ | トップドッグ(勝ち犬) »