無料ブログはココログ

« 日常の記録 | トップページ | ロバート・ケリーの『指導力革命』より »

日常のブログ

「私たち、解散します」

というのは、一昔前のアイドルの言葉だったかな……。

いや、「私たち、普通の女の子に戻ります」もあったっけ。

もうわたしが、生まれる前かその直後ぐらいの出来事で、再現VTRを見ただけだから、ちょっとうろ覚えですが、最近身近でそんな出来事に遭いました。

きっかけは生協からかかってきた電話です。

「今までずっとグループ宅配でお配りしてまいりましたが、皆さんお留守の事が多く、今では個配のように一件一件お配りしているので、ちょっと他の個配の方から個配の配送料を払わないで配ってもらうのは、ずるいとクレームがありまして。それで会社の方から個配料金をいただくか、他のグループの方と同じように一か所に荷物を置いて取りにきてもらうかしていただきたいのですが……」と言われたんです。

思えば、この生協でグループを始めてから、かれこれ10年近くが経っていました。その事を思い返せば感慨深いのですが、いきなりの申し出に驚いて「今さら?」という気分でした。

留守の時に、家の前に置いてもらう事は、以前からあったので。

「わたくしと致しましても、その方を通して会社にそう言われてしまっては指示に従うしかないので……」と申し訳なさそうに言うので、配達のお兄さんに文句を言っても仕方がないしなぁ、とも思い、「そうですか」と引き下がるしかありませんでした。

それにしてもクレームっていったい誰が……? と思わず眼頭に険を含みましたが、まぁ、ご近所でやっている方ですよね。よく、そんな事をわざわざ配達の人に言ったもんだ、と思いましたが、世の中にはいろんな人がいるし、これもまた仕方がない事なんでしょうね。

その後グループの皆で話し合い(……といってもメールでしたけど)をし、結論を出すことになりました。

まだ生協に入りたての頃は子供も小さく、皆さん家にいて、受け取ることもできたのですが、子供が大きくなってくると、お仕事を始めて昼間の時間帯に一か所に集まって荷物を受け取るのは難しいよねと。

でも、10年も続けてきて、やめるのもなぁ、とか。生協で頼むお魚やありがたい簡単調理できる食材もお気に入りの物があるし、やめるのは嫌だなぁ。どこか一か所にまとめて置いといてもらって、雨の日や雪の日は早く帰ってきた人がそれぞれのお宅の前に配って置いとけばいいんじゃない? とか。(一か所に置くとなると、それなりに広い場所が必要で、そこには屋根がないんです。だから、雨雪の日は配らないと……という意見が出たんですね)

いろいろな意見が出たのですが、やはりそれだと特定の人に負担がかかり過ぎるという事になりまして。それでもいいよって言ってくれたりもしたのですが、そのいいという人に対して申し訳ないだろう、というんですね。気持ちはとてもありがたいけれども、私なんかはその日のその時間は絶対に受け取れないんだよねって。だから、いつもやってもらうことになっちゃうから、私はそれなら迷惑をかけるだけだからグループを抜けるよ、と。

こういう意見が出てきてしまうと、そうだよねぇ、と皆さんいい人たちばかりのグループなので、(だから10年も続いたんですねweep)解散した方がいいのかもね、という事になり、このたび脱退することになったんです。

残念だけどね。

もちろん、個配の手数料を払えば続けられるのですが、これが結構いいお値段で。1回につき、180円払わなければいけないんですね。

身体が弱っていて買い物に行けないというのなら、手数料を払ってでも加入し続けるんだろうけれど、皆まだ若いし、買い物にもいけるし……。という事で、皆さん脱退を考えているようでした。

うちもです。どうしても生協の商品が書いたければ生協のスーパーに行けばいいしね、ということになって。

ところが。まとめた意見を生協の担当者に伝えたら、「皆さん、やめられるんですか!」と驚かれてしまって。

更に。

「あの~、生協の宅配無料券というのがありまして、それを一か月分はお渡しできるので、今月中に辞めるという事ではなく、あと一か月様子を見て、考え直していただけませんかね?」と言ってきた。

いや、今月までしか個別宅配はできないと言ってきたのはそちらなんですけど……(^-^;と、今度はこちら側がビックリ。

そう言われたからこそ、結論を急いだのに。

生協の方は私たちが配送料を払ってでも続けると思っていたらしい。

そういう事なら……と、皆さん、とりあえずはあと一ケ月は続ける事になったのだけれど、やっぱり辞めるしかないだろうなぁ。グループは3人以上からだしねぇcoldsweats01

――だから。

10年近く(それ以上かな?)、続いたグループ宅配も今年で解散です。

« 日常の記録 | トップページ | ロバート・ケリーの『指導力革命』より »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/63231677

この記事へのトラックバック一覧です: 日常のブログ:

« 日常の記録 | トップページ | ロバート・ケリーの『指導力革命』より »