無料ブログはココログ

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2015年12月13日 - 2015年12月19日の2件の記事

年末の大掃除

年末も近づき、気がつけば来週はもうクリスマス!xmas

一年経つのが早いですねw(゚o゚)w

我が家では、まずクリスマスよりも、お掃除だわ、と。こんな物がセールで売っていたので、買ってみました。

これです↓

極かび落とし写真

ハウスクリー二ングのメーカーも使用している洗剤だそうで、窓のサンやお風呂のカビ等が面白いように落ちました。こすらなくても、付けておけば、汚れが浮いてくる・・・というタイプの洗剤で、長い間浸かっていたいた黒カビが、結構キレイに落ちた時は、「おおhappy02note」とテンションが上がりました。

・・・ちなみに、宣伝ではありません(^-^;

その前は「重曹で安心安全にお掃除しよう」と銘打って、テレビの特集をやっていたので、すっかりノセられた私は、重曹洗剤で掃除をしてみたのですが、我が家の汚れはしつこいカビや油汚れが多いせいか、環境に優しい洗剤では、優しすぎて汚れが落ちませんでした(^▽^;)

重曹は弱アルカリ性だから、素材としてはいいんですけどね。

我が家同様に「うちにもあるわ」「余っているわ」という方。

去年のメモ書きに、使い方が書き残してありましたので、ちょっとだけ、ご紹介。知っている方は、無視してくださいね。

【重曹洗剤】

重曹水の作り方:スプレーの場合
[材料]
水…100ml   重曹…小さじ1杯

*これらを混ぜて、空のスプレーボトルに入れたら完成です。市販のスプレー洗剤と同じように使ってください。

【歯のホワイトニング】

[材料]
水…500ml   重曹…3グラム

*ペットボトル500ミリグラムに混ぜ入れて、よく振ったもので毎日うがいをしてください。歯が白くなるそうですよ(*´ω`)

【重曹風呂】

[材料]
重曹…大さじ2杯

    クエン酸…大1杯

これをお風呂に入れて、よくかき混ぜてください。炭酸風呂になり、温浴効果で毛細血管を広げてくれるので、血行促進につながります。

【足の匂い取り】

*洗面器の中にお湯または水を1リットルほど張り、重曹大3杯を入れて混ぜる。

この中に足を入れて、15分ほど足浴する。これを続けると、足の角質もキレイにとれます。

興味のある使い方はありますか? もしよければ、試してみてくださいね(=゚ω゚)ノ

人に何かをあげる時

先日、チキンカツを作った時のこと。

なかなか美味しそうにできたので、ちょっとご機嫌で「美味しくできたよ~」と子供たちに出してあげたら、下の子は「今日はそんな気分じゃないから、いらない」とせっかく美味しく作ったチキンを食べないで、納豆で夕飯を済ませてしまったんですよ。

「そんな気分じゃないって、せっかく作ったんだから、食べなさいよ!」と噛みつくと、「だって、今日は肉が食べたい気分じゃないんだもん」とシャァシャァという。

まあだけど、揚げ物が食べたくない時って確かにある。この子には偏食もあるけれど、私の食べたい気持ちとこの子の食べたい気持ちが、今日は噛み合っていないだけなのかも、ってことで、納豆ご飯を許すことにした。

怒っても、余計意固地になって食べないしね(;一_一)

反対に上の子はしっかりと食べてくれて、「別に普通だけどね」と、弟の分のチキンカツまで片付けてくれるから、いろいろな意味で、お兄ちゃんには救われている・・・。

ちなみにチキンカツはこんな感じ↓

Kimg0301_2

上の子が食べてくれたので、量が少なく、わかりずらいのですが、そこはご愛嬌ということで(^_^;)

これも自分と相手の気分とのタイミングかな。

話は変わって、今度は昨日の失敗談。

我が家には今、眠っているサツマイモがありまして、このお芋を使って大学芋を作り、子供の試合の時に持って行こうと、前日から準備して作っておいたんです。

写真

ところが。前日に作り置きしておくと、固くなるかもしれないと思い、上の大学芋をゆるめのたれで茹でておいたら、これが失敗の元。

カリッとした歯ごたえが全くしない煮芋となってしまい、口の中に入れるとホロリと崩れ、実に消化のいい代物となってしまった(-_-;) 

大学芋はあんまり煮たら、いけませんね。お芋のレモン煮ってあるじゃないですか。レモンは入れていないけれど、ああいう食感になってしまい、大学芋だと思って食べると、ガッカリする芋になっていたんですよ。

しかも当日は雨。

ベトベトしたお芋など雨の中配られても、ただ迷惑なだけ。天気は予報でわかっていたけれど、午前中なら大丈夫かな? なんて気持ちで、持っていったら、結構雨が降ってきて、配れない雰囲気になっていました。

だけど、これをうちに持って帰っても家にはまだお芋はあるし、こんなにたくさんいらないとも思い、どうしようかと周りに打ち明けて、とりあえず、無理やり一部の保護者の人たちやコーチに渡して、持って帰ってもらうことにしたんです。

家に帰って、自分でもう一度、あの煮芋を食べてみると、不味くはないけれど、やっぱりビミョー(^_^;) 大学芋だと思って食べなければ、大丈夫かなぁ・・・などと悩むような出来栄えで、あげてしまった事を詫びるメールをした方がいいかどうか、しばらく悩んでしまった。

そこへ、配った保護者の一人から「美味しかったですよ」と連絡があったものですから、社交辞令で言ってくれているとはいえ、うれしくて、ちょっと救われました。

だけど、あげるタイミングや味はちょっと、よくなかったかなぁ、と反省。

あんまり考えすぎると、何もできない・あげられないって、なっちゃうから、ある程度は適当でいいと思うんだけど、あんまり自分の都合だけであげちゃうのはよくないね。

やっぱり、あげる相手の気持ちとか、状況を考えないと、あげた物=いらない物になってしまうから、返って迷惑だよね。。

保護者のママ友にはメールで、「ごめんね」と送ったのだけれども、コーチにはメールできず、どう思っているのかな・・・と不安だったりします。

もうすぐクリスマスだし、プレゼントをあげる予定のあるあなた。

あげる相手の事を考えないであげると、私みたいにあげた後、ドキドキする羽目に陥るかもしれませんよ。

子供とか家族だったらいいけれど、付き合っている人とか、友達の場合はリサーチしてあげてくださいね。これ、私は使わないからあげちゃおっかな~とかって、適当にあげると後悔するかもよ(´・ω・`)b 

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック