無料ブログはココログ

« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »

2015年5月3日 - 2015年5月9日の2件の記事

ミュージカルを観に

昨日、ママ友のお子さんがミュージカルに出演するというので、観に行ってきました。

そのママ友はIさんというのですが、小学三年生のお嬢さんは最年少の出演者で小さな身体で踊りと演技をこなしていて、とても可愛らしく、ママも会場の誘導係やチケットのもぎりなどのお手伝いで忙しそうでしたが、知り合いも多く、楽しそうでした。

知っている子が舞台に出演するのって、ちょっとうれしい。

知り合いの子が出てる! 踊ってる! と思うと、ちょっとワクワクしてテンションがあがりました。

そういうのって、ありませんか?

例えばですけど、うちの子はサッカーをやっているのですが、まさかサッカー選手になれるとかそういうことは、まぁ、今の様子を見ている限りでは難しいわけですよ。

けれども、一緒にサッカーを通して知り合った子の中から、サッカー選手になる子がいたとして、テレビでプロの選手として活躍とかしていたら、「ああ、この子、小学生の時、試合やった子だね!」なんて状況に出くわしたら、ちょっと自慢っていうか、うれしい気がするんですよ。

自分の子では無理だけど、よその子でってやつですね。

東京でオリンピックもあることだし、その頃には、近所の有望株のあの子、もしかしたら選手として出場してるかもね~なんて、一緒にミュージカルを観に行ったママ友と帰り際、バカ話に花を咲かせていました。

「自分の子では無理だけど。よその子で楽しもう」ってね。

いや、自分の子は自分の子で普通に頑張って生きているから、いいんですよ。

ただ、地元にいる地元だけのミニスターたちが本当のスターになってくれたら、ちょっとうれしいな、応援しちゃうよね、っていう話です。

彼らは地元の星に留まらず、世界まで行くのかしら。

楽しみだわ。(←って、超他力本願ですけど┐(´-`)┌ )

お久しぶりです

今年の4月に入ってから、役員を引き受けることになり、仕事が目白押し&行事も多くて、なかなか書けませんで、たいへん失礼いたしました<m(__)m>

小学生の子供の方は、習い事のサッカーで会計役員に。

中学生の子供は、学校の役員で成人教育委員になりました。

サッカーの方は人数がいないので、引き受けたのですが、中学の方はくじ引きで決まりました。1、2年の時は、立候補もいたのですが、さすがに3年になるともう誰も立候補者はおらず、くじといっても、ほとんど逃げられない状態でした。

それでも、委員長・副委員長にはならなかったので、胸を撫でおろしています。

――とはいえ、くじ引きで委員長になってしまったSさんは、フルタイムで働くママ。当日は仕事で出席できず、代わりの方がくじを引いて、決まってしまったので、気の毒だとは思ったのですが、私も(上の子が)小学生の時、副委員長をやっていたので、また二度もやろうという気にはなれず、ゴメンナサイという感じでした。

もう、中学にもなると、たいがいの人たちは委員長・副委員長を経験しているから、またあれをやれといわれたら、面倒で助けられないんですよね。

比較的、楽な成人教育委員ですが、会議の出席とか、お金の取りまとめとか、サッカーの会計もあるから、ダブルはきつい。

本当にごめんね、という形で今年一年の役員生活がスタートしました。

« 2015年3月22日 - 2015年3月28日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »