無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の3件の記事

試験でした

実は、一昨日の土曜日は、ある資格の試験を受けに行きました。

模擬試験の結果はあまりよくなく、練習問題でも、つまずいていたため、本番までかなりプレッシャーを感じていましたが、本番は自分でも驚くほどよくできて、学科は満点じゃないか? というくらい出来ました。

勘違いじゃないだろうかと、疑問に思うくらい。

夫が試験の前日に、湯島天神のお守りを貸してくれたのですが、菅原道真のお蔭でしょうか? 

気のせいでなければ、合格していると思う。

主人いわく、このお守りは今まで試験を受けてきて、落ちたことがないという縁起のいいお守りだそうで。渡された時は、「そうなんだ」という程度で、その気持ちはありがたかったのですが、特に深い感慨もありませんでした。ですが、確かに! ご利益があったのかもしれない。

確かに縁起がいいお守りなので、このお守りを今年受験生の息子にも託すつもりです。

来年の春、ぜひ親子で笑えるといいな。

――けれども、今月、試験があったのは私だけではなく、もう一人、下の子にもありまして、今月、サッカーのトレセンのセレクションでした。。

ちなみにトレセンというのは、区や市、県の強化選手のことです。結果はもう出ているはずなのですが、なぜかコーチはまだ教えてくれない。

他のチームの子たちは結果を聞いているのに、うちのチームの子たちには、なぜかまだ発表されていないんですよねえ。

気になるところです。

来月には親子ともに結果が出ているはずですけど。いい結果がでますように!!

ニューサマーオレンジ

この間、主人が会社でニューサマーオレンジをいただいたそうで、とても美味しかったそうです。

そこで、うちでも購入しようと、ネットで5箱も注文しました。

「そんなに買って余るんじゃないの~」と最初は反対していましたが、お得だからと押し切られ、5箱も買うことに。

ところが、買ってみると、これが美味しくて、残りもあと少しとなりました。

Rimg0614


傷物ですが、味は特に変わらず美味しかったです。

あんまり甘くなくて、さっぱりとした味が特徴。デコぽんやオレンジのような甘さはないけれど、さっぱりとしていて、それでいて、酸っぱくないんですよ。

わたしは、甘夏や八朔が苦手。あれもさっぱりとした果肉で人気ですが、わたしには、にがく感じられて、酸っぱいし、どうにも好きになれない。

だけど、このニューサマーは酸っぱくもないし、苦味もなくて、とても食べやすい果実でした。食べていて、「あぁ、だから、ニューサマーなのか」と納得してしまった。。

毎年、毎年、いろんな品種の果物が出てきますね。

ニューサマーは数年前からあったそうですが、最近では、ココナッツなんかもスーパーで売ってるし。でも、品数が多すぎてスーパーに陳列しない果物の方が多いそうです。

だから、知らないと食べられない。

このニューサマーもうちの近所のスーパーには置いていないしね(^▽^;)

ネット通販というのは、そういう意味では、いいのかもしれません。農家の人たちの販路開拓に一役買っていて。

コメに始まり、野菜や果物農家の人たちは、TPPだの、締結を結ぶ前である今の段階ですら、海外輸入品が流れ込んで、とても厳しい状況にあるそうですが、ぜひ頑張って、生き残って、生産を続けていってほしいな。

水ようかんを作りました

どうでもいい記事でスミマセン。

最近、暑い日が続き、子供が「カルピスゼリーが食べたい」というので、カルピスの原液シロップを買いに行ったら、ちょうどいい感じで、原液に「寒天パパ」というゼラチンの粉がついていたので、作ってみました。。

<材料> (4人分)

・カルピスの原液 200ミリリットル

・水         400ミリリットル

・寒天パパ     2グラム

・・・ですが、寒天パパなんて、ない場合は、総量600ミリリットルに対して、その辺で売ってる豚コラーゲン由来の寒天の粉だと、10グラム(2袋)で固まります。

ただし。

一袋(5グラム)で250ミリリットルのゼリーができると書いてあるから、最初1袋(5グラム)250ミリリットルの液量で作ったら、やや固めのゼリーになってしまい、歯ごたえがありました(´ω`;)

これはこれで好みなので、好きな人もいるかもしれませんが、うちは柔らかめが好きなので、1袋あたり300ミリリットルで溶かすと、ちょうどよかったです。

上のカルピスゼリーは液量が600ミリリットルなので、柔らかめが好きな方は、2袋(10グラム)で作るとちょうどいいと思います。

固めがいいという方は、500ミリリットルの液量で2袋だから、液量を原液1に対し、水を2で割って作ってください。

結構、美味しくできたので、子供たちも好評でした。

――で、つい、味をしめて、水ようかんを作ってみたのですが、これは子供たちには不評。

↓これなんだけど。

Rimg0622

・・・やっぱり、ようかんっていうのは、大人の食べ物なのかしら?

甘くなくて、あっさりしていて、自分的には好みの味なんですけどね。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »