無料ブログはココログ

« 今どきの英語教育 | トップページ | 春ですね »

小学校の懇談会で

つい先日、授業参観がありまして、参観の後の懇談会にも久しぶりに出席しました。

学級懇談会では、「最近、娘との親子関係に悩んでいるんだけど、皆さんはどうしていますか?」という質問がありました。

娘さんとの口喧嘩が絶えなくて、時々泣いてしまいそうになるのだそうです。わたしも上の子が中学に上がった時はやたらカチンとくるような言葉をぶつけてくるので、イライラした時期がありました。

やがて中学校の生活に慣れ始めるのと同時に、くだらないことで絡んでくることはなくなりましたが、他のお母さんたちも似たような経験があるそうで、外でのストレスを家の中でぶちまけているのかもね、という結論で幕を閉じました。

いずれ時間がたてば、落ち着くよと。

他に原因があるのなら、原因に向き合う必要があるのでしょうが、取り立てて大きな問題もなく、イライラをぶつけてくるようなら、親も辛いけれど、待つしかないねと。

何しろ、親という字は、木の上に立って見る、と書いて親だから( ;∀;)

他にも、「うちの子もこの間、すべり台の上から、おしっこをしてね。下にいた子供にかけちゃったらしいの。何かの罰ゲームか、ふざけてしていたのかはよくわからないんだけど」と話し始めたお母さんがいて、そのことを近所の人から聞いて、子供と二人で夜中にそのすべり台の掃除にいったそうです。

「近所の人が教えてくれなかったら、わたしはそのことを知らないままだったわ」とも言っていました。子供って、いきなり何をするかわからないし、親には悪いことを言わないから、周りの人が気づいて教えてくれないと、注意しないで流しちゃうことってあるんだよねって。

だから、自分の子供だけ、とかじゃなくて、よその子も注意してほしいし、見てほしい。そういう大人の目が子供を非行から防ぐと思うし、大事にされている、自分は一人じゃないって思えるんじゃないかなって。

または、悪いことをしたらバレるんだって思えば、子供はやめるだろうしねって。

だけど。悪いことをしても、注意もされず、無視され続けているとしたら。その子によっては、エスカレートしていくかもしれないし、エスカレートして、犯罪に繋がっていくのかもしれない。

――連日のように報道されていたからか、例の事件にも触れまして。

「川崎市で殺されちゃったあの子も、そういう注意してくれる大人が周りにいなかったのかな。今回のことで反省しなくちゃいけないのは、あの三人の少年たちだけじゃなくて、周りにいる大人たちも、大いに反省しなくちゃいけないよね。子供たちだけが全部悪いんじゃない。そういう子を無視して放っておいた周りにいる地域の人も先生も学校もみんな悪いと思う。

だから、自分たちのいる、今ここにいる自分を含めたお母さんたちも、先生たちも、うちの子もそれぞれこのクラスにいる子たちも、みんなでそれぞれお互いを見て、言うべきことは言って、教えてあげないといけないんじゃないかな。わたしだって、一人じゃ自分の子供のことでも、全部なんて、見きれないし。誰だってそうじゃない? 子育てって、みんなで協力して育てていくもんだって、あの事件は教えてくれたと思うよ」

こういう意見が学級懇談会という場で出てきまして。

同じ神奈川県は川崎市の小学校で、ちょっと口にするのは照れくさいような意見を堂々と言えるお母さんがいる。同じ中学生の母親でこういうことを考え、発言できる人がいる、というのはなんとなく、励まされるような思いがして、胸が熱くなりました。

素敵だな、と思った一コマだったので、ここに書き留めさせてもらいました。

(ハロ)

« 今どきの英語教育 | トップページ | 春ですね »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/61233780

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の懇談会で:

« 今どきの英語教育 | トップページ | 春ですね »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック