無料ブログはココログ

« 3回会ったら、友達だよ | トップページ | どうでもいい日常の一コマ「衣替えの話」 »

恋は心のなかにさく花

タイトルは、徒然草二十六段を拝借したものです。

ドキッとする見出しですよね。そして、心を引き立てるものがある。

現代語訳では、

『恋の花片が風の吹き去る前に、ひらひらと散っていく。懐かしい初恋の一ページをめくれば、ドキドキして聞いた言葉の一つ一つが、今になっても忘れられない。サヨナラだけが人生だけど、人の心移りは、死に別れより淋しいものだ。

だから、白い糸を見ると「黄ばんでしまう」と悲しんで、一本道を見れば、別れ道を連想して絶望する人もいたのだろう。昔、歌人が百首づつ、堀川天皇に進呈した和歌に、

 恋人の垣根はいつか荒れ果てて野草の中ですみれ咲くだけ

という歌があった。

好きだった人を思い出し、荒廃した景色を見ながら放心する姿が目に浮かぶ。』

とあったけれども、わたしはこのタイトルから少し違うことを連想してしまった。

タイトルから勝手に解釈した訳を述べさせていただくと、こうなる。

恋愛に夢中になっている時って、幸せだけれど、いつまでもそのドキドキやピークの好き! っていう気持ちは長くは続かない。やがて、相手に慣れてくると、ドキドキはしなくなるし、態度もある程度落ち着いてゆく。付き合えた瞬間はすごく幸せだけれど、やがてその幸せっていう気持ちはどこへいったのかと思うほど、薄れてしまうこともあり、ふと思い返すと、あの頃の気持ちはいったいどこからきていたのだろうかと不思議に思うことすらある。

ふと、うらぶれたかつての恋人の家の前を通り、思い出す。荒れ果てた彼女の家を見て、彼女と過ごした蜜月を想い、切なくなる。ドキドキして聞いた言葉の一つ一つが今なお思い起こされると胸の中で躍りだす。心移りによって、別れてしまい、このように思いだされることは、死に別れるよりも淋しい。

それはまるで、短い間に咲き、短い間に散っていくさくらの花のようじゃないか。

心の中にさくらが咲かねば、待ち焦がれ、あるいは花がいつまでも咲かないと、不機嫌になったり諦観して心が冷えていくが、やがて咲いたら咲いたで喜ぶのは一瞬だけ。次第に花は盛りを過ぎて色あせ、そして散ってゆく。

恋とは心の中にぱっと咲いてぱっと散る花だ。

なのに、待ち焦がれるや、心の花。かつての散った花の花片でさえ、今なお切なく、花の匂いぞ香る

とか何とか。こういう内容かなぁ、などと想像してしまった。

なんだかこちらの方がしっくりくる気がするんだけど。自画自賛^_^;?

勝手解釈はともかくとして、古典は現代語訳だと読みやすく、内容もいいと思います。

子どもの勉強用にと借りてきたのだけれど、読み返すと穏やかな気持ちになれるし、かつての人の自然観というものについても考えさせられます。百人一首などの和歌もいいですけど。『ちはやぶる』という人気漫画がありまして、その漫画から火がついたのか、静かにではあるけれども、百人一首が注目されているようで、その現代語訳とかるたの歌を比べて読むのも楽しいです。

今の時季なら、奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき  猿丸大夫

とか。

月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど

などがピタリときますかねえ。どちらも淋しい歌ですけれども。

やはり秋は物悲しいのかもしれません。

大江千里

秋の夜長によろしければ、読んでみてください。

子どもが古典を勉強していたので、参考までにと徒然草の現代語訳を借りてきたんです。

かつて読んだのですが、ほとんど忘れていて、このようなものもあったかと思いまして。

子どもが本を学校に持って行ってしまったのですが、記憶違いがありましたら、ごめんなさい。

(はろ)

« 3回会ったら、友達だよ | トップページ | どうでもいい日常の一コマ「衣替えの話」 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/60597175

この記事へのトラックバック一覧です: 恋は心のなかにさく花:

« 3回会ったら、友達だよ | トップページ | どうでもいい日常の一コマ「衣替えの話」 »