無料ブログはココログ

« 言葉を伝達する3つの方法 | トップページ | 学びを台無しにしている7つの神話 »

『あなたの「天才」の見つけ方』

エレン・ランガーの『あなたの「天才」の見つけ方』を久しぶりに読み返してみました。改めて気づいたこと等があったので、記したいと思います。

この本には、加藤諦三による「訳者まえがき」があり、読みやすい。加藤氏はこの本の読み方として、3つの視点を挙げている。

①どのように自分の辛い人生を楽にするために役立つかとい視点

②自分が今まで自分を間違って解釈していたことを示す資料となるものではないかという視点
→視点を変えて自分を見る時の助けにすること

③「どう学習するか」を「どう生きるか」と置き換えられないかという視点

「こう生きるのが大切です」と言われて、そう信じて生きてきた人がいます。しかし、なんとなく日々苦しく、充実感がない…

自分で考えず、他の人の経験だけを鵜呑みにしていたのでは、絶対に生きることに自信をもてないでしょう。自分で切り開く楽しさも感じられないでしょう。

自己啓発等の関連書籍やセミナーでは、いい加減なことが当たり前のように語られ、それを信じる人たちに煽られ、自分も信じてしまう。そのような現象が多く発生しています。

足元を見て、自分の中の「天才」に気づき、それをベースに生きることが重要です。そのきっかけになるのが本書だと思います。

(おなけん)

« 言葉を伝達する3つの方法 | トップページ | 学びを台無しにしている7つの神話 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/60097381

この記事へのトラックバック一覧です: 『あなたの「天才」の見つけ方』:

« 言葉を伝達する3つの方法 | トップページ | 学びを台無しにしている7つの神話 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック