無料ブログはココログ

« ハーツバーグの2要因理論 | トップページ | 企業選択にあたっての重視ポイント »

ハックマンとオルダムの職務特性モデル

②ハックマンとオルダムの職務特性モデル

個人の仕事が以下の三つの臨界的心理状態に達した時に、その仕事へのモチベーションが強まるとする理論

1.仕事で感じる有意義性

2.仕事結果に感じる責任

3.実際の成果についての知識

→臨界的心理状態を生み出すもの

⇒5つの中心的職務次元

・技能多様性

・仕事一貫性

・仕事有意味性

・自律性

・仕事からのフィードバック

→仕事➢中心的職務次元➢臨界的心理状態➢個人の高いモチベーション-高い成績-満足感

(参考・引用文献『公認モチベーション・マネジャー資格 BASIC TEXT』

« ハーツバーグの2要因理論 | トップページ | 企業選択にあたっての重視ポイント »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/58526351

この記事へのトラックバック一覧です: ハックマンとオルダムの職務特性モデル:

« ハーツバーグの2要因理論 | トップページ | 企業選択にあたっての重視ポイント »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック