無料ブログはココログ

« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »

2012年10月21日 - 2012年10月27日の3件の記事

秋・・・♪

先日、ふと考える事がありました。

手に入れたと思ったら、次の日には儚くなっていたり。

無いと思っていたのに、実は充分に受け取っていたり。

手応えを確かめようとすると、渇望にとり憑かれたり。

与えたいと思うと、ひたすら豊かに湧いてきたり。

これら、全部、愛についての印象なのですけれども。

もしかしたら。

人間には飽きるという心があるので、

生きるのに最も大事なものには、決して飽きる事が無いように、

愛はこんなユニークな存在になったかなぁ・・・??と。

秋は思索が楽しいですψ(‥ )

(みっち)

大日本報徳社

先週、静岡県掛川市に行っていました。時間があったので、掛川城と大日本報徳社に立ち寄りました。
報徳社は、二宮金次郎(尊徳)の思想の影響を受けた報徳運動を展開しています。
報徳運動と
は、道徳と経済が一体となった報徳活動を実行することによって、お互いの人生が豊かで安定したものにすると共にみんなが嬉々と明るく平和に生活できる社会を作ることを目標としたものです。
現在、建物は改修中でしたが、事務所で小冊子と氷砂糖を購入しました。氷砂糖の袋の中には、「ほうとく物語」が入っているのですが、私は第4話「人の生きる価値」が入っていました。良い内容なので、それを以下に引用させていただきます。

人の生きる価値

「天(自然界)が人に与えた使命」

人は身体を天より貸し与えられ、少しの間この世で生かされ、やがて身体は天に返ります。

この世は仮の世、この身は仮の身であります。人は長生きしてもわずか百年、天から借りた身体を本来無いものと覚悟すれば、一日一日・百事百般すべてが儲けであります。すべてが儲けであるからには、善きも悪きも今生きている現状に感謝し、自然・社会に益ある事に努め、周りの人や社会に必要とされる人間となり、自分も満足できる生き方をすべきであります。

そのためには、自分の生き様や行動が周りの人たちに勇気と感動を与え、この世のだれもが落ちこぼれることのないように、皆が支えあって豊かで安心して暮らせる社会にするために一生懸命に生きること。それがが人に与えた使命であり、人が人として生きる価値であります。


(おなけん)

今ここ

自分の心が今ここにいない時は、見える世界も彩を失ってます。

(今、ここで自分はシャッターを切りたい気持ちかな??)

こんな問いかけで自分の居場所をチェックする時があります。

心が過去か未来にトリップしてる時は、今の風景を見ているようで見ていないというか・・・

現在に心の焦点が合って無いので、シャッターを切りたい気持ちが無いです。

何かに気をとられている感覚というのは、居心地が何となく変な感じがするので。

そんな時は、ちょっとだけ一呼吸して。

風景を見回してみて。

目の前に広がる光景の中で撮りたいシーンを探してみます。

そうすると今に戻って来られるので、最近はその感覚を大事にしてます^^

(みっち)

« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック