無料ブログはココログ

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日の3件の記事

意識しておきたい言葉

私たちが見たり、行ったりすることの範囲はかぎられている。
なぜなら、気づかずに見落としている事柄があるからだ。
しかも、見落としているという事実にすら気づかないため、
ほとんど何もできないのである。
自分がさまざまな事柄を見落としていて、
そうした限界の中で考えたり、行動したりしていると気づけば
光が見えてくるのだが。

R・D・レイン


仕事の可能性を広げる7つの原則

原則①
もっと心を自由に持つ
どれほど行き場のないように思える状況でも、あるいは実際に行き場がなくても、あなたはいつでも、心の持ち方を決める絶対の自由があります。

原則②
恐れずに意味を求める
あなただけが実現できる意味ある価値や目標のために、心から尽くしてみましょう。

原則③
一瞬ごとの意味に気づく
人生に答えを出せるのはあなたしかいません。そのためには、一瞬一瞬の意味に気づき、自分の責任であなたならではのあり方を求めることです。

原則④
自分の足を引っ張るのはやめる
目的や計画の実現に血眼になると、求める結果がかえって遠のいてしまう。それは避けたいものです。

原則⑤
少し離れて自分を見つめる
少し離れて自分を見つめるとというのは人間だけが持つ能力。ユーモアのセンスというとても人間らしい資質も、そのひとつです。

原則⑥
新鮮な視点を持つ
悩みの種からあえて注意をそらして、ストレスや変化に適応できる準備を整えましょう

原則⑦
自分の殻を破る
自分より大きな何かとつながってその導きに従い、仕事をとおして人間らしい心を示しましょう。

『希望の見つけかた』より)


『希望の見つけかた』より

刺激と反応のあいだには間がある。

間には、私たちの自由すなわち、どう反応するかを決める力がつまっている。

反応には、私たちの成長と幸せが託されている。

『希望の見つけかた』より)

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »