無料ブログはココログ

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日の6件の記事

ルールブック

子供向けのみんなのためのルールブックを、どういうきっかけかはわかりませんが、パラパラとみていました。50のルールが書かれているのですが、新鮮でした。
サブタイトルには「あたりまえだけど、とても大切なこと」とあります。
大人の人が守れていないこともたくさんある感じでした。大人もたまにはこういう本を読む必要があるのではないでしょうか。管理者教育に朗読もありかな、と思いました。

ルール50

きみのなれる、
もっとすばらしい人間になれ


人生に楽しみ、
自分にほこりをもてる人間になろう。
他人に救いの手をさしのべる人、
まちがいから学べる人になろう。

(おなけん)


システム思考④

システム思考の四つ目のポイントは「身近なところからの積上げでものを見ることはしないということ」。

1本1本の木を見て、数をかぞえてからでないと、森を論じることをしないというのが積上げ志向であり、経験主義です。「経験の積重ね」はたいせつなことですが、それにとらわれて、その経験の範囲でしかものを見ないのであれば、環境変化の先取り思考は不可能です。積上げ志向は、動向論的、単純投射思考と同じことになります。環境情報を敏感にキャッチし、大局的見地から全体目標をたて、それを各部分へ副次的に割り当て、機能分化、役割分担させてゆくことが大事なのです。

問題構造学入門』より

システム思考③

システム思考の三つ目のポイントは「重点主義」。

これは全体重視ということと一見矛盾するような感じを与えるかもしれません。しかし。よく考えてみると、何が重点かが分かるためには、全体を見わたす必要があるということです。庭園の場合も、かならずポイントというものがあります。そのポイントとなる部分を中心に、他の要素が関連配置されているわけです。

名人といわれる人は、なんの変哲もない自然石、自然木の配置のしかたによって、えもいわれぬ美を創造しますが、私たち素人は、1本1本が高価な樹木であっても、配置の妙を会得していないために、その価値を殺してしまい、総花的になんの変哲もない庭づくりをしてしまう恐れがあります。

問題構造学入門』より

システム思考②

システム思考の二つ目のポイントは「相互作用」。

各部分が集まってひとつの全体を構成しているということは、その間になんらかの有機的関連-相互作用-があるということです。庭園内に配置された樹木や石は、それだけ単独で見た場合は、なんの変哲もない自然の樹木であり、どこにでもころがっているような石ころであるかもしれません。しかし、庭全体の中で、それらがしかるべき位置を占めたときは、それは単なる1本の木、1個の石ころではなくなります。まさに、それらの間には有機的関連が生じます。

樹木や石は、庭園を構成する要素であり、部分です。これらの要素をばらばらに切り離して論じたところでナンセンスということになるでしょう。これらの要素は、その結合のしかた、つながりによって、全体の価値を生み出しているわけです。

システム思考は、要素中心ではなく、結合中心であるということです。

問題構造学入門』より

システム思考①

システム思考のポイントのひとつは「全体重視の思考」。

「木を見て、森を見ず」のたとえは、これを表わすのにぴったりの言葉です。私たちは、1本1本の木を見て、その数を全部かぞえたからといって、森を知ったということがいえるでしょうか。森を知るには1本1本の木全部を知る必要はありません。その1本の木が森の一部であり、それが全体のどこに位置しているかが分かれば十分ではないでしょうか。全体を見るということは、決してすべての部分を平等に扱うことを意味しません。

庭木について考えてみましょう。庭の中の1本の樹木が、庭全体の造形の中でどんな役割を果たしているかが分からなければ、それは単なる無価値な雑木としか見えないでしょう。庭全体を眺めてこそ、その1本の雑木に万金の値があることを知るのです。

問題構造学入門』より

3月20日(火・祝日)13:10~16:30 システム思考勉強会 ~ビール・ゲームを通じて~

久しぶりに勉強会を開催します。
私ごとながら、帯状疱疹になったりと、色々と心身ともに疲れがでて、休養していました(^_^;) 自分では心身には意識を向けていたつもりだったのですが、なかなか気づけないものだと、改めて痛感しました。だからこそ、自分以外の人とのつながりや支えは重要だと思いました。支えてくれる人たちからの声で、私自身ひどい状態にならなくて済みました。感謝です。

さて、3月20日(火・祝日)13:10~16:30にシステム思考の勉強会を開催します。
「システム思考て何?」という方向けのシステム思考入門の勉強会です。
システム思考とは、「人間の営みをはじめ、あらゆる事物・事象を相互に関連し合った「システム」として捉える見方」のこと」です。
例えば、自分が森の中にいるとして、目の前にある木を分析するのではなく、森全体の仕組み・システムに焦点をあてるような思考法のことです。
今回は、システムを体感できる「ビール・ゲーム」を用いて、システム思考の入口の勉強をしたいと思っています。
誰でも気軽にご参加いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。

みんなで、ゲームをしながら楽しく学べると思います。

(おなけん)

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »