無料ブログはココログ

« 花の都公園 | トップページ | 論理情動行動療法(rational-emotive-behavioral therapy) »

現実療法(reality therapy)

グラッサーによって開発された療法。
その特徴は、現実(reality)、責任(responsibility)、正・不正(right or wrong)の3Rをあげて、面接中、面接と面接の間で、現実に直面させ、無責任な言動を廃し、価値判断に基づいたよりよい行動の立案、実行する支援をする。
人の基本的欲求は、①生き残ること、②集団への所属、③力、④面白さ、⑤自由、であり、支援の中ではこれらの要求の充足が図られる。

平木典子『統合的介入法』より引用

« 花の都公園 | トップページ | 論理情動行動療法(rational-emotive-behavioral therapy) »

心理用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/55858509

この記事へのトラックバック一覧です: 現実療法(reality therapy):

« 花の都公園 | トップページ | 論理情動行動療法(rational-emotive-behavioral therapy) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック