無料ブログはココログ

« ゲシュタルト療法 | トップページ | 系統的脱感作 »

行動療法

客観的に外に現れた行動を問題にして治療を進める療法で、合理性と科学性を重視した心理療法と言われる。
理論的基礎となるのは学習理論を中心とした行動理論で、問題となっている症状や不適応行動は、適切な条件反応の形成不備か不適切な条件反応の習得だと考え、心理療法の過程では行動変容のためのさまざまな技法が活用される。
中でも不安や恐怖のコントロールを目的とした系統的脱感作は不安神経症や恐怖症の治療法として広く認められている。

平木典子『統合的介入法』より引用

« ゲシュタルト療法 | トップページ | 系統的脱感作 »

心理用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/55755973

この記事へのトラックバック一覧です: 行動療法:

« ゲシュタルト療法 | トップページ | 系統的脱感作 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック