無料ブログはココログ

« 実存的心理療法 | トップページ | ゲシュタルト療法 »

パーソンセンタード療法

ロジャーズによって創唱され、当初はクライエント中心療法(client-centered therapy)と名づけられたが、このアプローチの原則はクライエントだけではなくすべての人間の支援に適用できるとの考え方から、1990年以降、人間中心のアプローチと呼ばれた。
この療法の中核となる考え方は、クライエントは、専門家に依存している患者だけではなく、自己責任を持つ個人であり、支援者は、純粋さ(genuiness)、ケア(ヒトの尊厳を大切にすること)、共感的理解の三つの条件を体験し、伝えることが重要だとする。

平木典子『統合的介入法』より引用

« 実存的心理療法 | トップページ | ゲシュタルト療法 »

心理用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/55755868

この記事へのトラックバック一覧です: パーソンセンタード療法:

« 実存的心理療法 | トップページ | ゲシュタルト療法 »