無料ブログはココログ

« 愛の過ち | トップページ | 実存的心理療法 »

ロゴセラピー(logotherapy)

ギリシャ語のロゴ(logos)は「意義」「精神」を意味するが、創始者フランクル(Frankl.V.E.)は「人間存在の意味」とし、人生の意味に焦点を当てる実存的心理療法の一つ。
この療法の基本には、
①人は自らの態度を取る自由があるという意思の自由、決定論への反対、
②人は生きる意味を求めているという意味への意思、
③人は各々ドグ氏の人生の意味を持つ、
という考え方がある。
ロゴセラピーでは、クライエントのユニークな個性とセラピストのパーソナリティの実存的な関係を基盤に、人間的な親密さと科学的な客観性の中でどちらにも偏らず、人としての交わりを持つことで、クライエントがとらわれや症状から解放されることをねらう。

平木典子『統合的介入法』より引用

« 愛の過ち | トップページ | 実存的心理療法 »

心理用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/55748298

この記事へのトラックバック一覧です: ロゴセラピー(logotherapy):

« 愛の過ち | トップページ | 実存的心理療法 »