無料ブログはココログ

« 『頭のいい人が「脳のため」に毎日していること』より | トップページ | 正しい発言 »

効率化の先に

多くの企業は、売り上げ不振のなか、業務の効率化を目指した取組みを推進しています。高性能機械への更新、新たな技術の導入、規模のメリットの実現、などなど。

企業による業務の効率化

余剰人材が発生

人員削減/失業者の増加

このように単純ではありませんが、発生する事象をシンプルにするとこうなります。

企業が人員削減する一方で、国は失業者対策として職業訓練や雇用の奨励金等を提供しています。

企業の効率化による弊害を、税金で補てんするという構図です。企業の効率化は、国全体の効率化につながっているのかは疑問です。というか、つながっていないでしょう。

さらに、人材が余剰化すると、余計な仕事を発生させることにもつながると思います。例えば、携帯のゲーム業界・市場が挙げられます。この業界は、将来の日本をどのようにすることを想定しているのか不明です。国民の多くが、携帯に向き合っている社会を理想としているのでしょうか。

本当に意味がある仕事

これを明確にすることが必要であり、そのような仕事への就職を支援することが必要と思います。

何より第一次産業への人々の就職・定着が必要です。それによって雇用の吸収も行われ、人々の生活の充実にも繋がります。少なくとも、満員電車で通勤して、株主のために働く会社員よりは良いと思います。

今は、農水産業という生きることの土台から離れた業界がお金を稼ぐという構図です。生きるのに必要な仕事ではなく、そうでないものがフォーカスされている世の中はおかしいと言えます。

今、そのようなことに気づき始めた人たちが出てきていますが、まだまだ少数です。自分を含めて多くの人が、いまの仕事の意味、何が自分に必要なのか、一度の命をどう生きるか、考えてみてはどうかな、と思います。

(おなけん)

« 『頭のいい人が「脳のため」に毎日していること』より | トップページ | 正しい発言 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/55262688

この記事へのトラックバック一覧です: 効率化の先に:

« 『頭のいい人が「脳のため」に毎日していること』より | トップページ | 正しい発言 »