無料ブログはココログ

« 松島での写真 | トップページ | 女川 »

カウンセラーについて

今日、ある本に以下のような記述がありました。

多くの会社で産業カウンセラーを雇うのも、従業員の人間的な労働条件を重視しているからというよりも、心理的な問題なしにどのくらいストレスを従業員に与えることができるか、問題を起こしたときにはどのくらい早くそれを解消することができるかという経済性のほうが重要視されているからだとも考えられます。

その通りだと思います。私もカウンセラーの活動自体は必要だと思いますが、それだけでは駄目で、もっと「人間らしい働き方」「働くことが楽しい仕事環境」を整備することが必要だと感じています。
精神疾患や自殺が増加している背景には、社会・経済的な要因が強いです。それを改善することを優先すべきでしょう。
そして、その第一歩が、自分の家庭であり、職場であり、コミュニティの良好な人間関係の実現ではないかと思います。
自分が愛されていることを体感し、自分を愛し、多くの人を愛する精神・こころを多くの人がもてば、今より良くなることでしょう。
諦めることなく、地道に行きたいと思います。


(おなけん)

« 松島での写真 | トップページ | 女川 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/54911971

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセラーについて:

« 松島での写真 | トップページ | 女川 »