無料ブログはココログ

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2011年1月16日 - 2011年1月22日の3件の記事

みんな不安(*^_^*)

いよいよ学科試験です。

不安だと思いますが、みんな一緒です。私もそうでした^_^; 「緊張しないように」とか「平常心で」と、自分ができなかったので言えません^_^;

学科Ⅰでは、見たこともない人名等が出てくるの可能性がありますが、それは気にせず、知っている知識で対応してください。知らないものは、他の人もわかっていませんので、気にしない。気にしないです。

学科Ⅱも、「何が答えだか」となっても、「みんな一緒」と思って乗り切りましょう。

自分を信じてトライして欲しいと思います。お祈りはしてきましたので、後は早く寝て、しっかり体調を整えてください。応援しております(^^)v

(おなけん)


私が試験を受けたとき…

当日の持ち物としては、受験票、筆記用具(消しゴムは2つ用意しました。鉛筆は2本とシャーペンでした。濃さはBを使いました)、あとは協会のテキストを持っていきました(当時はサポートのテキストがなかったので^_^;)。
当日に持参する資料は、自分が取組んだものを持参して、「勉強したな」と自信を
感じるものを持参しました(私は過去問でした)。みなさんの場合は、ライフサポートのテキストが安定剤的になるのではないかと思います。で、実際の確認に、直前のレジュメをパーッと見てもらえれば良いと思います。

服装は普段着で。リラックスできる服装で行きました。
当日は会場が暑いか寒いかわからないので、セーター等で温度調整できるようにしました。

試験まであと少しです。自分のできる範囲でラストスパート!
自信を持って試験にトライしてください(^^)v
大丈夫です!!

(おなけん)

今日はセンター試験

昨日・今日はセンター試験でした。

新聞で問題をご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、

現代社会の問題から抜粋です。

問題1 青年期の記述として最も適当なものを選べ

1.レヴィンは、青年が子どもと大人の二つの時期に挟まれ、そのどちらにも属さない中間的なものであることから、青年を境界人と名づけた

2.主として青年期において明確となるような、性差を示す身体的な変化の諸特徴は、第一次性差と呼ばれる

3.ルソーは、青年期において、大人としての責任や義務が、社会から猶予されることを、心理・社会的モノトリアムと名づけた

4.青年期において、自己の連続性や一貫性などの感覚をもてるようになるという心理・社会的な発達課題は、安全欲求の達成と呼ばれる

問題2 防衛機制に関する記述として、適当でないものを選べ

1.現在の行動や思考などから、それ以前の未熟な段階の行動や思考などに逆戻りすることは退行と呼ばれる

2.受け入れがたい感情や考えを、反対のものに置き換えて行動することは、反動形成と呼ばれる

3.自らの心のなかにある感情や気持ちを、他者がもっているものとして認知することは、昇華と呼ばれる

4.欲求が満たされないことを、もっともらしい理由をつけて正当化することは、合理化と呼ばれる

いかがでしたか?

問題1の答1

問題2の答3

あと1週間しっかり体調管理しましょう!(玲)

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック