無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の記事

聖書

ご無沙汰しています。玲です。

父の入院やら、会社の中期経営計画の書類作成やら、なかなか思い通りにならない日々を過ごしております。

ましてやこの暑さ、熱中症も心配ですね。

さて、今日は1冊の本をご紹介します。

本屋さんでご覧になった方もいらっしゃると思います。

白鳥春彦著の「超訳 聖書の言葉」です。

聖書といっても、中身を読んでみたいけれど面倒だな、と思われるような方々向けに書かれていますのでとても読みやすいです。

今日はその本の一節から。

明日のことのために今日あれこれと心配しないように。

明日のことは、明日みずからが心配すればいい。

きょう1日の労苦は、きょう1日だけで充分に足りている。

(マテオによる福音書 第6章)

『ニュー・エコノミクス』から①

「第一章 経済の問題」を参考・引用

「ニュー・エコノミクス」とは、貨幣・お金という幻の富ではなく、真の富を重視し、人と地球を第1に考えるアプローチのことです。

現在の成長を前提とした、
化石燃料を使用した、行き過ぎた競争世界でには、3つの根本的な危機があることを示唆しています。

1.生態系の危機-地球温暖化や気候変動など
2.人間の危機-分配の危機(貧富の格差)
3.精神の危機-現行システムにおける勝者といわれる者も、あまり恵まれていない。イギリスの国内総生産は過去30年で倍増したが、幸福度を示す指標の大半が変化していないか下落しています。現行システムの勝者は、負債の増大、ストレスの増強、うつ病の増加、精神疾患などに苦しんでいます。

このようななか「ダウンシフティング」(幸福の増大を目指いして収入を減らすこと)を何らかの形で実践している人が、ヨーロッパで1200万人います。

現在の経済学や経済成長という概念を推進すると…
・物質的な所有を自尊心の主たる源泉と考えることが増えていきます。
・社会や保健や教育への支出の目的は、国民を国民自身のために健康で幸福にすることではなく、国民の生産力を向上させることとなります。同様に、教育はそれ自体がよいことと見なされるのではなく、グローバル化する世界で競争するのに必要なビジネススキルを国民に習得させる点で有用とされます。

貨幣は目標に到達するための手段であり、貨幣が目的ではないことを意識することが大切です。それを念頭においた生活スタイルの構築が各自に求められていると思います。


自分が無力だと思うとき…

『ハチドリのひとしずく いま、私にできること』を読みます。

森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました……。



(おなけん)

「平成23年版 産業カウンセラー試験対策テキスト」完成

平成23年度に試験を受けられる方向けのオリジナル対策テキストが完成しました。

今回は資源節約のため印刷部数を少なくしましたので、売切れ次第販売は終了とさせていただきます。
当テキストは、協会発行のテキストを効率よく学ぶためのものです。
協会のテキストと当サークルのテキストで十分合格できます。

※最近、金儲けに走っている産業カウンセラーが、原価を大きく上回る値段で販売されているものがごさいますが、そのようなモノを購入されないことをお勧めします。

私どもの販売単価は、印刷代と事務所維持費、それと廉価なカウンセリングや勉強会に利用させていただいております。今年度は、「幸せ」についての定例勉強会を開催する予定です。また、社会づくりへにも取り組んでいます。地産地消の推進や農家支援のための直接購入、現地視察などなど。TPPへの反対の表明や被災地の支援も直接・間接的に行っています。

お勧めの映画「幸せの経済学」


(ライフサポート・サークル)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »