無料ブログはココログ

« 『コミュニティ・スタディーズ』 | トップページ | 『いよいよローカルの時代』より »

経済発展がもたらすもの

『いよいよローカルの時代』は、社会人の人に一度読んでいただきたい本です。

そこから、「経済発展がもたらすもの」の節から。

これまでの経済成長や開発という考え方は、人々の幸せを減少させるということが明らかです。経済発展という巨大なプロセには、さまざまな副作用があるから。まず人びとのあいだに激しい競争を生みだし、伝統社会にあった協力関係や助けあいに代わって対立が生まれる。2番目に、それまで日常的にもっていた自然界とのかかわりから、人びとを組織的に切りはなす。3番目は、それぞれのアイデンティティ-自分が何者であるかについての了解-が崩れて、人びとは不安定で不安になる。この3つは相互に関係しあって、個々人の幸せだけでなく。社会全体の幸せを減少させていくことでしょう。そしてそれに輪をかけるように、対立や軋轢。暴力的な衝突などが起こり、平和が脅かされるのです。

自分が、社会がどのような状態にあるのかを、冷静に見るきっかけのひとつになります。

« 『コミュニティ・スタディーズ』 | トップページ | 『いよいよローカルの時代』より »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/51855009

この記事へのトラックバック一覧です: 経済発展がもたらすもの:

« 『コミュニティ・スタディーズ』 | トップページ | 『いよいよローカルの時代』より »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック