無料ブログはココログ

« 試験お疲れ様でした。 | トップページ | リフレッシュ(^^) »

TPPて知っていますか?

「TPP」という言葉が昨年末から見聞するようになってきましたが、私たちの身近なこと、て知ってますか。
TPPとは、環太平洋連携協定の略ですが、簡単に言ってしまうと、関税を完全撤廃した貿易の自由化を促進する協定です。これを昨年、菅首相は国会の所信表明演説で、TPP交渉への参加を検討する、としました。
これに対して経済界や新聞社などは「賛成」というところが多いです。輸出先の関税が撤廃されると、輸出が増える・国際競争力の維持・強化という発想です。当然反対のことも起こるので、海外からの農産物等が非関税で日本に入ってきます。で、直接影響を受ける農林水産団体は反対を訴えています。
これって他人事ではなく、もしTPPが実現した場合、海外からの安い農産物が入ってきて、
国内の農産物は壊滅的な状況に追込まれます。で国内の農家が所得減あるいは失業し、都市部に人が流れ込みます。すると更なる失業者の増加が懸念されます。また、農産物を海外に頼るということは、海外の気候等の影響で、食料が手に入ったり、入らなかったりということが生じます。人の根源である食物に不安を感じて生きることになります。さらに、国内で食品格差が生じ、所得の低い人は海外、高い人は国内産のものを食べるという姿が浮かびます。農業のある地方は疲弊し、都会から安らぎを求めて行っていた場所は殺伐とした姿に変貌するかもしれません。
TPPに賛成する経済界や政府に、わたしたち国民の将来の姿がイメージできないのではないかと思います。「TPPとは何か」ということを私たちも理解して、意見表明する必要があると痛感しました。
個人的には
TPPには断固反対です。自分の国について真剣に考え、どのように行動に移すべきかを考える時期だと思います。将来の子ども達に「日本」を残すために。


(おなけん)


« 試験お疲れ様でした。 | トップページ | リフレッシュ(^^) »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
日本の農水産物は海外で高い評価を受けていますが、それはごく一部です。マスコミではいかにも海外市場で売れて、日本農業は大丈夫という感じのことを書いていますが、これはあくまでも一部の話です。それと、そもそも論として、日本の農家は外国の人に食べて欲しくて一生懸命生産しているのではなく、自分の作ったものを自分の国の人に食べて欲しいと思って作っている人が多いということを知ってほしいと思います。一部輸出している農家の人たちは、日本では値が付かないので海外に仕方なく出しているというのが実態だと思います。
農家への補助金については、実際に農家にお話を聞くまでは、甘やかしすぎ等のマイナスの考えを私はしていましたが、実際には水田を維持するだけでも大変な労力が必要です。さらに固定資産税や水利費等の費用も負担しています。もっと自分たちの食べるものを、わたしたちは知る必要があると痛感しています。TPPをきっかけに、多くの人が関心を持っていただければと思います。

こんばんは。
海外の農産物や米が入ってきても、はたして日本人は買うのでしょうか。反対に日本の米や果物は海外で高い評価を得て高額でも売れているらしいです。中国の富裕層は国内の米が危険でまずいため日本の米を買っていると聞いています。これからは、日本の農産物を強みとして育てるという発想も有るのではないかと私は思っています。何も作らない農家に補助金を出すだけでなく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/50773381

この記事へのトラックバック一覧です: TPPて知っていますか?:

« 試験お疲れ様でした。 | トップページ | リフレッシュ(^^) »