無料ブログはココログ

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月21日 - 2010年2月27日の2件の記事

ねずみーランド

はじめて東京ねずみーランドに行きました。人ごみが嫌いなのと、乗り物酔いするので今までかたくなに拒んできましたが、家族の力に屈しました。自分自身も少しストレスフルの状態かと思い、リフレッシュのつもりで初上陸。

朝8時半から入園。小雨が降っているので、人が少ないと思いきや、いきなり120分待ち。ストレスがマックス状態です^_^; さらに1時間ほど待っていると、横から「ファストパス」とかいうふざけた仕組みで、どんどん先に行く一段の登場。家族に「もう帰る」と…

子供と妻から「もう少し我慢すれば大丈夫だよ」と言われ、思いとどまり、さらに1時間待ちで、アトラクションに入ることができました。入ったら入ったで、それなりに楽しく、「次にどこ行こうという」ということになっていました。妻もいつの間にか、他のアトラクションのファストパスを入手していて、後はほとんど待たずにまわれました。童心に返って、楽しむことができました。何年も続いているのがわかるような気がしました。

それと、人は、終わりよければすべて良し、の態度になりやすいのかな、と思いました。朝、あれだけ頭にきていた自分が、また来てもいいかな、と思っているのには「?」です。銀行のATMやレジで待つだけで、その銀行や店を使わないという決断をするのに、ねずみーランドには何でこんなに寛大になれるのか。

負担をかけている分をカバーする内容があれば、人はファンになるのだな、と思いました。よく考えたら、バーゲンや新商品の販売などもそうだな、と思いました。店のオープン前から手に入れようと並んでいる人の姿をテレビで見ます。

中身がよければ。

最近、企業のコンサルのときに、店舗の立地が悪いとか、開店・閉店時間が問題とか言う声を聞きましたが、結局は顧客が求めている内容の充実が一番なのではないかと、改めて感じました。小細工ではなく、本質で勝負。これが王道なのではないでしょうか。

ねずみーランド、いろんな点で行って良かったです(*^_^*)

(おなけん)

Don't think, feel

皆さんこんにちは、笠井です

寒さの中にも少しだけ「春」を感じますね。

日が延びたのに気付いていますか?

皆さんの変化の芽はスクスクと育っていますか?

私は、最近習い始めたサルサのレッスン中に変化の芽が育っている事に気付きました。

そして、四月始まりの手帳を買った事で少し春が近づいていることを感じました。

皆さんは、何に気がつき、何を感じていますか?

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック