無料ブログはココログ

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

2010年1月24日 - 2010年1月30日の3件の記事

人にして仁ならずんば、礼を如何せん

私がいつもカウンセリングや講座をさせていただくときに、こころに留めている言葉です。
産業カウンセラーの実技試験も、明日、明後日に控えていますが、「人にして仁ならずんば、礼を如何せん」という言葉を意識していただきたいです。

私は「相手に対する愛(思いやりややさしさ等)がないのに、傾聴の技法だけを使ったとしても意味がないであろう」という意味で理解しています。

技法や振り返りの手法に意識が傾いていると思いますが、今一度、傾聴のこころ・カウンセリングマインドを思い起こして、試験に挑んでいただきたいと思います。

想いは相手に伝わります。周りにも伝わります。

(おなけん)

不安は妄想

産業カウンセラーの学科試験から少し時間が経ちましたが、ふとしたことがきっかけで試験のことを思い起こす方もいるのではないでしょうか。

合格発表までは2ヶ月ほど待たなければなりませんが、時間と共に少しずつ不安はなくなるとは言え、決して無になるわけではありません。

私も試験が終わったあと、不安から胸のあたりがもやもやしたり、憤りを感じたり、納得しない気分になったりするなど、負の感情が巡りに巡っていましたが、ある言葉を思い出して助けられました。

そのある言葉とは、「不安は現実ではない、妄想である。それに勝手に駆り立てられ、巻き込まれているだけ」。

ある金融機関で専務だった方の言葉ですが、これはセルフ・コントロール。不安は自分の気持ちや考えから生まれるものであり、外的刺激を受けてもそれを不安に感じ負のスパイラルに陥るかそうでないかは、その人自身にかかっていると言う事です。

つまり先のことを不安視するよりも、今、現状を大切にそして切実に時を過ごして欲しいと強く感じるのです。

やるだけの事をやって挑んだわけですから、結果のことよりも今まで封印していたことが皆さんあると思いますので、それを開けてみたら如何でしょうか。

でも、実技試験を控えている方は、もう少し辛抱してくださいね。

(大)

未来はすでに始まっている。

皆さんこんにちは、笠井です

産業カウンセラー学科試験を受験された皆様、お疲れ様でございました。

手ごたえはいかがでしたか?

手ごたえ「あり」という方も「・・・」という方もまずは、頑張った自分にご褒美を!

そして試験が終わって、燃え尽きないで下さいね。

勉強した事を活かすのはこれからですよ!

実技試験を控えている方は、もうひと踏ん張りですね。

肩の力を抜いて、この一週間、日常会話での「傾聴」を意識しましょう。

それでは!

未来はすでに始まっている。byロベルト・ユンク

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック