無料ブログはココログ

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »

2010年5月9日 - 2010年5月15日の2件の記事

生きがい

プラグマティズム・実用主義の哲学者であるウィリアム・ジェームズは、「知識や理論が正しいかどうかは、それを実際の行動に適用してみて、その結果が有用であるか否かによって決定されるものである」と述べています。

神については、それを信じたほうが信じない場合よりも人間に精神的やすらぎを与える点で有用であり、よって「神が存在する」ということは真であり、善であると理解します。神や天使などのスピリチュアル系の話や本を見聞することが多いですが、その人にとって有益であれば、存在しようがしまいが、どちらでも良いのです。私は存在しないと思ったほうが、生きやすいのでいないと思っています(私は、自分の行動に神とかがかかわっていると思うと、重荷というか、うっとうしいからです)。各自それぞれが有益なほうを選択すれば良いだけです。ですから、信じている人にいないとか、意味がないと言うのは問題ですし、神などの存在を他人に強要するのも意味がないことです。

ジェームズは「人生は生きがいがあるか」について、これを問うている人が悲観的人生観に屈しないで、進んで人生の苦難に立ち向かうならば、その人にとって人生は生きがいのあるものになるとし、「人生は生きがいがあると信じなさい。うすれば、その信念が生きがいをもたらす助けになるだろう」と述べています。

私たちは、理屈や理論をつめることをしますが、それがどのように役立っているのか、有益なのかの視点で物事を見ることも大切だと思います。

参考文献:『理解しやすい倫理』

(おなけん)




悪者はいない。

こんにちは、笠井です。         

四月は天候不順で寒かったですが、5月になってようやく新緑の季節らしくなってきましたね。

さぁ、今日は最近聞いたちょっといい話です。

ある雨の朝、バスの中での出来事です・・・・・

その日は子供の検診日、保健所に向かうバスの中は小さなこどもをつれたお母さんが何組か乗っていました。

そんな中、一人の赤ちゃんがぐずり始めました・・・

その泣き声はだんだんおおきくなりお母さんがいくらあやしてもいっこうに泣き止む気配がありません。

お母さんも困っています。

そんな中バスのうしろの座席から男性の声で「うるさいぞ!何とかしろ!」と怒鳴り声が飛びました。

お母さんは、必至にあやしますがかえって子供の泣き声は大きくなります。

困ったお母さんは、バスの運転手のところに行きなにやら話しています。

多分、迷惑なのでどこかで降ろして下さい、と御願いしているようです。

まだ保健所まではずいぶんあります。

すると運転手は、普段はバス停の案内をするマイクをつかって乗客に語り始めました

「皆様おはようございます、今日は雨ですね。今、赤ちゃんが泣いていますが、私達は皆、泣きながら大きくなりました、もうしばらくこの子の泣き声を聞きながらいきませんか?」

この語りかけにバスの中は拍手と温かい気持ちで一杯になりました。

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック