無料ブログはココログ

« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »

2010年5月2日 - 2010年5月8日の3件の記事

『ハッピーバースデー』

子どもの本の紹介にあった『ハッピーバースデー~命がかがやく瞬間~』を読みました。こころに響く良書だと思います。

それと、本書は学校の中でのいじめなどが取り上げられていますが、それを会社に置き換えて読むと、改めてみんなで改善することの重要性を痛感します。一部抜粋してみます。

「いじめで、死ぬほど追いつめられた友だちがいたのに、わたしたちは、そのことについて何も話し合っていません。このままだったら、また同じことをくりかえしそうなんです。お願いです。わたしたちに、いっしょに考える時間をください」

「いじめにかかわらないようにするのが、自分を守ることだと思っていました。でも、けっきょくは、みんなを傷つけて、自分もめちゃくちゃ傷つきました。クラスにいじめが起きてから、ずっと重くていやな気持ちだったのが、なんだかよくわかりました。自分の心にふたをしていたからです。もっと早く、みんなと話し合えばよかったと思います。今、みんなの気持ちがよくわかって、なんだか自分がやっと、生き返ったような気持ちです」

子どもたちの学校だけでなく、大人たちの会社やその他の組織に、話し合うことは多いと思います。今の子どもたちが楽しく働ける組織・環境づくり、これは私たち世代の仕事かと思っています。まずは自分の今の会社に子どもがはいっても大丈夫なように社内の雰囲気や環境を整えたいです。そして、それを他の関係組織や会社に広げていきたいです。自分の身近でできるひとつの仕事だと思っています。

みなさんのお勧めの児童書などがありましたら、教えてくださいね。

(おなけん)

セロトニン

GWも今日で終わりですね。ちょっと残念です。明日から仕事だと思うと憂鬱です(笑)。

今年のGWは天気も良く、気持ちよかったですね。私は仕事で鬱々としていたので、GWはひたすら日光浴をしてセロトニンをたくさん作るよう心がけました。

セロトニンには私たちを爽快な気分や前向きな気分にさせてくれる効用があります。お天気が良いと気持ちがいい、と感じますが、実はお天気がよいと脳内のセロトニンが増えて気分が爽快になっているのです。

やはり家に引きこもっていては良いこともないですね。太陽の光をたっぷり浴びて元気になりました。明日からのことを考えるとちょっと辛いですが、この連休の間に元気をチャージしたので、頑張れそうです。

明日からは、ちょっと早いですが産業カウンセラーテキストの改訂と模擬テストの改訂をしようと思います。(玲)

男と女 について。

こんにちは、笠井です。         

世間はGW真只中ですが皆さんいかがお過ごしですか?

最近、男女でのコミュニケーションの講座をやっています。

そこでおもしろいと思った格言?です。

仕事を一生懸命やると、彼女のための時間はないのかといわれる
仕事をほどほどにすませると、甲斐性なしといわれる


彼女より先に昇進すると、男女差別といわれる
彼女が先に昇進すると、機会均等といわれる


彼女の服をほめると、セクハラといわれる
彼女の服について何も言わないと、気がきかないといわれる


彼女の前で泣けば、情けない男といわれる
彼女の前で泣かなければ、感情のない男といわれる


彼女に相談せずに決めると、自己中心的といわれる
彼女が相談せずに決めると、自立した女といわれる


彼女に花を買っていけば、下心が見え見えといわれる
彼女に花を買っていかなければ、配慮が足りないといわれる


自分の身体をきたえれば、ナルシストといわれる
自分の身体をきたえなければ、だらしないといわれる


彼女に体型を保ってほしいと言えば、性差別に基づく偏見といわれる
彼女の体型について何も言わなければ、私に関心はないのかといわれる


男性諸氏、いかがですか?

« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »