無料ブログはココログ

« 近況報告 | トップページ | 捕らわれない心 »

心のフレーム

皆さん、こんにちは笠井です。

我々は物事を聞きたいように聞き、見たいように見るという性質を持っています。

言い換えたら、人それぞれにOOXXだという枠組みを持っているということかもしれません。 

先日の話です、車でFMラジオを聞いていたら…

DJ 「ここまでは、SEXY HOUSEの○○さんに不動産について・・・」

私 「SEXY HOUSE! ネーミングもここまできたか…」
    「ん! セクシィーハウス セクスィーハウス セキスィハウス…」
   「セキスイハウス ああ積水ハウスね…」

私は積水ハウスを聞きたいように聞き、最近の「ネーミングは過激で何でもあり」 という自分自身の枠組みの中にいたようです。

「自分自身の枠組みの中から人の話を聞いて判断している」

これでは聴いているようで聴いていないですね・・・

もしかしたら、人とのちょっとしたコミュニケーショントラブルの原因はこんなことにあるのかも知れませんね・・・

« 近況報告 | トップページ | 捕らわれない心 »

交流分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/49969592

この記事へのトラックバック一覧です: 心のフレーム:

« 近況報告 | トップページ | 捕らわれない心 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック