無料ブログはココログ

« 『人は何で生きるか』 | トップページ | そろそろスロースタート »

高知県室戸に…

先週は高知県の室戸に行っていました。訪問後にレポートの作成に没頭していたため、ブログの更新がすっかりできませんでした^_^;

高知駅からレンタカーを借りて、2時間半ほどで、高知の南東端の室戸に着きました。今回は、昔マグロやカツオで栄えた室戸の過去と現在の実態を調査してきました。地域が抱える様々な問題も浮き彫りになりました。どこでも一緒ですが、都市から離れた地域は、高齢化と後継者不足、就業場所がないという状態です。これについての良い解決策は、今はないのが実情です。

東京等に集中する社会経済は、「何となくおかしい」という感覚を誰もが持っていても、どうしようもないのが現状かもしれません。

『イワンのばか』ではないですが、手に豆がない人が贅沢な暮らしをして、手に豆して働いている人は苦しい生活が強いられている。そんな感じがします。本来は、手に豆した人が報われて、手に豆しない人はそれなりの生活というのが、本源的な姿だと思います。

労働の変質は、人の心や体の変質を促しているように感じます。それもプラスではない方向に。

(おなけん)

« 『人は何で生きるか』 | トップページ | そろそろスロースタート »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

人はなぜ生きるか?
ずっと考えています。
そしたら
こんなカードがでました。

あなたは偶然の産物ではない。存在があなたを必要としている。あなたがいなければ、存在のなかでなにかが見失われ、代わりをつとめることは誰にもできない。そのことが、自分がいないと全存在が寂しく思うということが、あなたに尊厳を与えるのだ。星や太陽や月、樹や鳥や大地——宇宙のあらゆるものが、あなた以外の誰かではけっして埋めることのできない小さな空白を感じるだろう。これが、自分は存在とつながっていて、存在は自分の面倒を見てくれているという途方もない喜び、満足をあなたに与えてくれる。ひとたびあなたがきれいになり、澄みわたったら、あらゆる次元から自分に降りてくる途方もない愛を見ることができる。

それは
いま地球全体の課題でもありますね。
マザーガイアの意識は宇宙に飛んでいったので
これからは
人類がどうやって
生きいていくかに
地球の鍵があります。

争いではなく
許しを
競争ではなく愛を
地球におろしていくことが
大切だと
実感します。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/kaminohado/001miuchi.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/49851996

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県室戸に…:

« 『人は何で生きるか』 | トップページ | そろそろスロースタート »