無料ブログはココログ

« 重い腰を上げたら… | トップページ | 『その幸運は偶然ではないんです!』 »

「本当のこと」を探求していく方法

最近、自己啓発系や効率的な仕事術、手帳の使い方などなどの流行ものの本を読みましたが、「失敗した」というのが本音です。どれもこれも自論の展開で、根拠・証拠がほとんどないというのにびっくりです。
ある意味、本を書いたり、人に指導したり、教えたりするときには、「自分が正しい」と思える信念がないとできないのだな、とも感じました。
情報が氾濫するなか、自分でしっかりと情報を取捨選択できる視点が必要だということを、改めて痛感しました。
デカルトは、『方法序説』のなかで、「本当のこと」を探求していく「方法」のエッセンスとして4つの規則を述べています。

1.速断と偏見を避け、疑いようのない明晰かつ判明なものだけを受け入れる。
2.問題を部分に分ける。
3.単純なものから複雑なものに進む順序を守る。
4.見落としのないように見直す。

個人的に納得してしまう規則です^_^;

参考文献:『西洋哲学の10冊

(おなけん)

« 重い腰を上げたら… | トップページ | 『その幸運は偶然ではないんです!』 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/49368245

この記事へのトラックバック一覧です: 「本当のこと」を探求していく方法:

« 重い腰を上げたら… | トップページ | 『その幸運は偶然ではないんです!』 »