無料ブログはココログ

« 2000年代に入り大企業で大きい非正規比率の上昇 | トップページ | たまには立ち止まって »

雇用者の格差の拡大は非正規雇用者の増加によるもの

○雇用者の格差拡大について、非正規雇用に注目してみると、100万円近傍から300万円近傍の非正規雇用者の増加が大きく、こうした動きが中位数よりも低い層の増加をもたらすことで、雇用者全体の格差を拡大させている。

○バブル崩壊以降、コスト抑制志向が強まり、平均賃金の低下や格差の拡大を伴いながら、所得、消費の成長力が損なわれ、さらには、労働生産性停滞分野で不安定就業を用いる傾向が強まるなど、産業発展の可能性が狭められることとなった。


(『平成22年版 労働経済白書』より)

« 2000年代に入り大企業で大きい非正規比率の上昇 | トップページ | たまには立ち止まって »

キャリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/49074331

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用者の格差の拡大は非正規雇用者の増加によるもの:

« 2000年代に入り大企業で大きい非正規比率の上昇 | トップページ | たまには立ち止まって »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック