無料ブログはココログ

« 迷える子羊 | トップページ | キャリア・コンサルタント試験対策のお勧め本 »

昨日は、母親からメールが来ました。
「元気かと…」
そして、次の文章が書かれていました。

「親思う 心に勝る親心 
今日の訪れ なんと聞くらん」(吉田松陰)

さらに、今日は大手町のホームにある読売新聞の広告の文章に惹かれました。編集手帳というところに書かれていた記事のようです。

「親が子を思う情はいつの世にも、
『永遠の片思い』であるという。
片思いに応えられる
年齢になったとき、
親はいない。

墓前にたたずめば人は誰もが、
『ばか野郎』となじってもらいたい
親不孝な息子であり、
娘であろう」

親の大切さと大きさを感じました。そして、自分たちは、親の手の上に生きているのだな、と。親は祖父母の上に、祖父母もその先代に。私たちは多くの支えのもとで生きています。それを想っただけでも、なんかあったかくなります。

私は自分の子ども、次の世代をと思います。


(おなけん)

« 迷える子羊 | トップページ | キャリア・コンサルタント試験対策のお勧め本 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/48599905

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 迷える子羊 | トップページ | キャリア・コンサルタント試験対策のお勧め本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック