無料ブログはココログ

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2009年10月18日 - 2009年10月24日の4件の記事

自殺予防の3本の柱

■事前予防(プレベンション)
・日常のメンタルヘルス活動が重要
・研修会(うつ病の知識、自殺のサイン)
・相談体制の整備

■危機対応(インターベンション)
・対応マニュアル(面談・対応のポイント)
・連絡網の活用
・救命救急、専門家へつなぐこと

■事後対応(ポストベンション)
・正しい情報の伝達、二次災害の防止
・心理的ダメージの大きい人への対応
・周囲、家族への誠意ある対応

それぞれのステージでの準備が大切です。
カウンセラーは一方的に教えるのではなく、何が必要かを社内で話し合い、そして上記のことを意識してアドバイスするのが良いと思います。
正しい知識の伝達と当事者意識の醸成を心がけたいと思います。

(おなけん)

目標管理制度

既に皆さんご存知かと思いますが、目標管理制度とは組織各部門及び各従業員があらかじめ目標を設定し、管理、達成、次期の目標など、業務のセルフマネジメントを行うものです。上からの押しつけによるものではなく、それぞれの担当者との十分な意見の調整が行われ、目標達成に向けての活動は担当者が自己統制しながら進めていきます。経営目標から末端の社員の目標まで一貫して関連づけられることが特徴であり、目標の達成度を人事評価と関連させて、処遇に反映する人事管理のしくみとしても機能しています。

(大)

続・メンタルヘルスケア

皆さんこんにちは、笠井です

昨日の玲さんの日記にもありましたが11/1はメンタルヘルスマネジメント検定ですね。

今回はⅠ種試験も開催されるので挑戦される方も多いかと思います。

やはりⅠ種のキモは論述ですね。

過去問題から見ると労働安全衛生法⇒労働契約法⇒安全配慮義務の流れは絶対押さえおきたいですね。

又、「過重労働による健康障害を防止するための総合対策」や「労働者の心の健康の保持増進為の指針」の中の心の健康づくり計画の7項目。職場復帰支援プログラムも要注意です。

まー、考え出したらキリがないのですが…

やはり、テキストの第一章は精読しておいたほうがよさそうです。

キーワードを抑えて、短い文章にして憶えていきましょう。

論述は25点、半分とればいいんです!

後に2週間、「今、ここ」でできることを考えて最期まであきらめずに頑張りましょう!

メンタルヘルスケアについて

そろそろ、産業カウンセラー資格取得試験と、メンタルヘルスマネジメント検定試験の勉強を兼ねて、出題されやすい分野について、触れていきたいと思います。

さて、メンタルヘルスケアの活動は、第一次から第三次までの3段階に分かれていることはご存知でしょうか?その中でも第一次予防の重要性が増してきています。

それでは、第一次予防とは何でしょうか?

あわせて第二次予防、第三次予防についても確認してみてください。

(玲)

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック