無料ブログはココログ

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009年8月16日 - 2009年8月22日の4件の記事

昔のアニメを見て

ここ最近は、子どもたちと昔のアニメや仮面ライダー・戦隊者を見ています。昔のものは今と比べると作りが粗いので、結構臨場感があって、恐い気もします。

さて、昔見ていたデビルマンやキャシャーン、タイガーマスクなどを今見ていると、一人で悪に立ち向かうというものが多いです。自分の正体が知られないように、一人で黙々と…。

一方、今のマンガはワンピースやナルト、ピカチューをはじめ、仲間、さらには周りの人びとを巻き込んで、みんなで何かを達成するという内容のものが多いと感じます。

今の30~40代は案外、子ども時代のアニメの影響を受けて、黙々とひとりで仕事することや、他の人に助けをお願いできないこと、などが発現しているのではないかと考えてしまいました。

すると仲間重視のアニメを見ている、今の20代前半から今の子どもたちは、「長いものには巻かれろ」的な、追従的な傾向が出るのではないかと想像してしまいました。自己主張はする、でも目標や責任はリーダーや会社にお任せ…。

テレビなどのメディアからの長期的な情報受信は、
私たちの思考に影響を与えます。そのような影響から自分を苦しめている可能性があることに気づくことも大切だな、と子どもと一緒にアニメを見ていて思いました。

(おなけん)

今週は焦らず、ゆっくりと

今年のお盆休みは例年より少し長かった影響からか、そのぶんエンジンのかかりが遅い私です(いつも遅いですが・・・)。

お盆休み中は先週のブログで書いたとおり、素直な自分自身で無理をしないで過ごしましたが(いつも、無理して過ごしているわけではありません。念のため。)、その代わりに無理をしなかっただけ緩んでしまい、体重の方が少しアップして、機敏に身体を動かすことができない自分がいます(もしかして、脳の回転も?)。

そんな時は一日も早く、いつもどおりに戻さなければと焦りますが(と言っても、あまり変わらない気もしますが・・・)、焦ったところで何もならないので、全てではありませんが焦らず少しずつできるところは、ゆっくりと慣らしていきたいと感じています。

(大)

休み明けです。

皆さんこんにちは、笠井です。

先週は、御盆休みでブログもお休みさせていただきました。

久しぶりに海に行き、皮がむけていい歳して小学生みたいな腕です。

今月末からソリューション・フォーカスド・アプローチの講習が始まり

その合間に、ベアーズカードを使ったストレングスアプローチの講習も有り

インプットの時期になりました。

又、先日ナラティブアプローチの本を読み、交流分析と共通している所、

カウンセリングやワークで使えそうな所を発見しました。

何かを新しい事を始めるのは今でもワクワクします。

皆さんはいかがですか?

障害者雇用について

障害者雇用という言葉を知っていることと思います。

一定の規模以上の会社は全従業員のうち何人かは障害者の雇用を行うというものうです。

日本の民間企業の場合、全従業員の1.8%の人数と規定しています。

この障害者雇用、実は非常に厳しい現状にあります。どの企業も障害者の受け入れにはある程度の準備が必要です。普通の社員の理解とか、障害者用トイレの設置、車イスが通行できる程度のスペースの確保・・・。

これらの準備にはそれなりの費用とスペースが必要です。さらに実際の障害者の方へどんな仕事を与えるかも考えなければなりません。

こんな現状の中、さらに不景気が拍車をかけ障害者雇用は進まなくなってしまいました。

最近、企業の雇用担当者と話をする機会がありましたが、採用側は1.8%をいっぱいに雇用しているとか、採用努力をしているが採用が難しい、とかと話をする方が多いです。

障害者雇用は1.8%が最低限の目標であり決して制限人数ではないのですが。

現状では障害者雇用の法定雇用率を守らなくても企業に不利益は多くはありません。

このままでは障害者の方は今後さらに雇用されることが難しくなっていくことでしょう。

もちろん雇用される側も努力が必要です。しかし実際にはキャリア形成の場すら与えられない障害者の方もたくさんいます。

お互いがもう少し近づく施策が政府で実施されるといいのですが。

(誠)

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »