無料ブログはココログ

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日の6件の記事

パーソナリティ

・乳児期-フロイト-リビドー発達理論-防衛機制

・幼児期-サイモンズ-親の育児態度

[青年期の3人]

・レヴィン-周辺人、境界人-葛藤(コンフリクト)

・エリクソン-アイデンティティ-モラトリアム

・ハヴィーガースト-発達課題

[中年期の3人]

・ユング-人生の午後-個性化

・レビンソン-80%「中年の危機」

・オールポート-成熟した人格像

一週間は復習を心がけてくださいね。そして、体調管理を一番に気をつけてください。

(おなけん)

後悔先に立たず・・・。

胃痛が持病でありましたが無視していました・・・。

以前ポリープがあると言われたのも無視して

いました・・・・。

「喉元すぎれば・・・」ってやつで、なんとか

なれば問題なし。そんな考えで、目の前の

ことばかり気にしておりました。

昨日から猛烈に胃が痛い。そしてそれだけ

でなく、

「背中が痛い」。

背中を丸めてないと胃も背中も痛い

有様で、体育座りが一番楽ということで

仕事ができず病院へ。

以前行っていた病院には、いいつけを守らず、

行かなくなったのでもう行けません。

近所の病院へいたしかたなく行ってきました。

「胃潰瘍か十二指腸潰瘍の可能性大なので・・・」

やっぱり・・・。

とりあえず大量の薬をもらって帰宅いたしました。

ああ・・ちゃんとあの時治しとけば。

後悔だらけです・・・。

しかし、「背中が痛い」。

これは胃も痛い症状が重なっている場合は

上記の場合が多く、胃が痛くないときは

膵臓とか肝臓が悪い場合が多いとのこと。

内蔵と関連して背中が痛くなることもあるらしいです。

ちょっと勉強になりました。

もう年齢も年齢なんで(泣)、もう少し健康にも敏感に

、そして慎重にならないといけないと強く感じました。

これもなんかのきっかけと思い、胃痛と付き合って

いこうと・・・いやいやですが・・・思っております。

(iwase)

おひさしぶり

先日久しぶりの高校の同窓会がありまして、参加してきました。懐かしい!名札がなくて「あなたは誰?」状態になって、、、でも名前を聞くとだんだんとわかってきてそういえば面影が・・・・
なんていう状態でした。そんな中でも私がすっかり名前を忘れているにもかかわらず、私の名前を覚えてくれていた人には感激しました。目立たないいたって普通の高校生でしたから印象薄いと思っていたので、覚えていてくれたなんてとれも嬉しかったですね。
人は名前を覚えてもらっていて、呼んでくれると嬉しいものです。私という存在をわかってくれているのですからね。だから人と仲良くなれる第一歩として、名前を呼ぶということがとても有効です。「○○さんおはようございます。」「○○さんはどうおもいますか?」など日常でもちょっと気にして、名前を呼んでみるということ試してみませんか?

血液を脳に巡らせるためには・後編

産業カウンセラーの試験も日々刻々を近づいてきましたが私なりの注意点として、この時期に注意して欲しいことは体調管理です。今年は年末から年始にかけて風邪など体調不良を起こしている方が多いですし、新型ウィルスもマスコミ媒体で報道されています。特に昨年度の試験日程は学科試験のあと中1週で面接試験でしたが今年度は2週連続ですので、この時期に体調を崩されると回復させなければと言う気持ちと共に焦りが生じ、さらに無理をしてしまいがちだからです。

そうならない為には予防としてマスクの着用、うがい、手洗い、早寝早起きなどによる規則正しい生活を心掛け、疲労回復と体力維持に努めてください(あまり人のことを言えませんが・・・)。そして、体調万全で試験に挑むことができるように願っています。

さて今回は後編として残りの2項目、「朝の挨拶+一言」と「音読」について説明します。まず、最初に「朝の挨拶+一言」が効果的な理由として、前頭葉を使い大まかに言葉を組み立てることと耳を使って情報を取るという活動があるからです。例えば、「○○さん、おはようございます」だけでも声を出すので良いことですが、できれば「○○さん、おはようございます」と言った後に「昨日の、○○の件はどうなりましたか?」や「昨日の高校サッカーの決勝はすごかったですね」など、ひと言加えると先の効果的な理由に結びつきます。

次に「音読」ですが、これは目と口の運動だけでなく脳の入力→情報処理→脳の出力と言った流れが連続的に含まれているからです。また目で文字面を追っている、すなわち黙読だけでは理解できていないこともありますが、音読をするためにはある程度の内容が理解できていないとスラスラと流れるようにいかないものであり、その背景には確実な脳の情報処理と共に声を出すという出力が存在しているのです。

つまり朝のうちに音読をして、先の脳の入力→情報処理→脳の出力の流れをスムースにしておくことにより、目や耳で捉えた情報をパッと理解でき、考えたことをスラスラと話をすることもでき、文章化することにより良い影響を与えるというわけです。スポーツに例えれば、簡単な連係プレイの練習を行うような感じです。

(大)

模擬試験を受験された方へ

模擬試験を受験された方で、一部修正されていない解答解説をお渡ししてしまっているケースがありますので、大変申し訳ございませんがご確認ください。

--------------------------------

解答解説集

問題1

 「産業カウンセリング」→「職業カウンセリング」を開始に修正

問題18

 正答は3です。

---------------------------------

申し訳ございませんでした。

また、受験票を確認していただくと、学科2の試験時間が60分となっていると思います。当サークルでは問題量はほぼ本試験と同じにし、あえて振り返りなどの時間を多くしないよう45分で実施しました。重ねてお伝えいたします。

(ライフサポート・サークル)

新しい門出

明日は成人式ですね。そーんなもん、うん十年前に終わってしまった、という読者の方の方が多いとはおもいますが、このブログでは。(私もそうです)。

20歳になるといろいろ法律的には変わりますね。親の承諾なしでもいろいろできることが増えます。

今日は私は今まで居住していたマンションの最後の掃除でした。明日からは私も新しい部屋での本格的な生活です、もっともすでに寝泊りしてますが。

気分あらたにサークル活動も行っていきます。そして当サークルもいろいろバージョンアップの時が来ているように思います。

受験生の方はもう少しです。当サークルの直前勉強会も始まりました。

新しい春を嬉しさで迎えれるようにしましょう。

(誠)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »