無料ブログはココログ

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2009年6月14日 - 2009年6月20日の6件の記事

お父さん、ありがとう

 明日は父の日ですね。

 それもあってか幼稚園では土曜参観が開かれました。

 子供達はうちわにお父さんの顔を書いて、「お父さんの肩車」という歌をパパたちにプレゼントしてくれました。

 母の日には、ママの顔を書いた荷物かけハンガーでしたが、歌のプレゼントはなかったので、あれっ?と思いましたが、他の参観日では、ほとんどお母さんしかこないので、今日は特別だったんでしょうね。

 こんな風に素直に「お父さん大好き」と書いたプレゼントをくれるのは、小さいうちだけなので、大切にしていきたいと思います。

 ちなみに、わたしは「お母さん」という歌を子供がよく歌ってくれるのですが、わたし自身もこの歌が大好きで、よく一緒に歌っています。

 知っていますか? 

 

 おかあさん 

 なあに?

 おかあさんっていいにおい

 せんたくしていたにおいでしょ

 せっけんの あわのにおいでしょ

 

 おかあさん

 なあに?

 おかあさんっていいにおい

 おりょうりしていたにおいでしょ

 たまごやきのにおいでしょ

 

 歌うと、いらいらがさって、優しい気もちになれる気がします。

 子供がいない人でも、懐かしく聴ける歌ではないでしょうか。

 子供の童謡は、大人の聴く歌にはない優しさがあふれていて、時々参観日などで歌われると、泣きそうになる時があります。

 

 子供が無心に音程など考えずに一生懸命歌うから、余計に心を打たれるのかもしれません。父の日の歌は、みんなのお父さんの心に届いたでしょうか?

 本当は「お父さんの肩車」の歌詞を書くべきなんでしょうが、一人の児童に付き、保護者一名という条件付きなので、中に入って歌を聴けなかったから、私は歌詞を知らないんです。子供が覚えてきた、うろ覚えの歌なので正しい歌詞は知りません。

 「おかあさん」で勘弁してください<(_ _)>

 

 お父さん、いつも子供たちと遊んでくれて、ありがとね。

 子供達はお父さんのことが、私より好きだとよくいいます。

 いつまでそう言ってくれるのかは、わかりませんが、そんな日々もあとわずかに違いありません。それまで、仲良く楽しく過ごしましょう。

 

by おなまり

「平成21年度版産業カウンセラー試験対策テキスト」完成

平成21年度に産業カウンセラー試験を受験する人のためのオリジナル・テキストが完成しました。
※平成20年度版と同一の内容となりますので、ご注意ください。

産業カウンセラー協会の新テキストに対応しております。
A5版の3部作(本丸編、二の丸編、三の丸編)の合本(1冊)
総ページ約200頁
製本しております。
  
内容は、産業カウンセラー養成講座のテキストをベースにして、各単元ごとに要点整理(参考文献、他参考)し、1問1答の確認テスト(平成10年から16年の過去問参考)を設けました。
重要度に応じて「本丸編」「二の丸編」「三の丸編」の構成になっております。

価格は2500円(送料込み)です。
商品到着後ご覧になって思ったのと違った場合は、1週間以内であれば返品を受け付けます。
ただし、その際は申し訳ありませんが、返品の際の送料のご負担をお願いいたします。

HPはこちら。

(ライフサポート・サークル)


払い込みで感じたこと

先月は自動車税と協会のテキストの代金を払い込みました。以前、自動車税は郵便局と銀行しか払い込みができませんでしたが、うろ覚えながら昨年あたりからコンビニエンスストアからも払い込みができるようになりました。

私は郵便局や銀行からも仕事柄、払い込むことができましたが、今年は時間的に厳しくなり、なかなか予定通りに払い込むことができなくなりそうだったので、コンビニエンスストアから払い込みができるのは、大変便利であり助かりました(と感じつつも、払い込み手段を増やしたのは社会的背景から大変遅いという気もしましたが・・・)。

しかしながら、協会からテキストをはじめとした書籍を購入して代金の払い込みができるのは未だに郵便局のみであって、その他の手段では払い込みができないのでとても不便です。

少し粗探しかなと思うのですが、郵便局が民営化になったとは言え、まだまだサービスと言った点においては見劣り感が大きく、特にATMの取り扱い時間は短く、取り扱い時間が長い店舗は大きい規模の郵便局まで行かなければならないので、払い込もうとしてもできない、あるいは面倒なのが実状です。

協会も種々の事情があるのかと思いますが、自動車税と同じようにして、限られた機関だけではなく、払い込み手段を増やして欲しいと思いますし、なにより思いやりをもたなければいけないと教育をしているところですから、こう言った点においても購入する側の気持ちを考えて、思いやりをもって払い込み手段を一日も早く増やして欲しいものではないかと強く感じます。

(大)

アロマ生活

いよいよ梅雨入りですね。

ジメジメした湿気があると、お部屋の臭いが気になる方も多いのではないでしょうか?私は特にこの時期はアロマを使用します。先日行った傾聴の勉強会でも、オリジナルのルームスプレーを使用したんですよ。どうしても、貸会議室などは臭いがこもってしまっていて、気になってしまうので。気持ちよく空間を使用するために、ルームスプレーはかかせません。秋には、カウンセリング時に使用することを目的としたアロマ講座を開催する予定です。インストラクターの方と一緒に、アロマの効用を理解しつつ、よりよいカウンセリング空間作りの一助になればと思っています。

私は最近、小さい虫が増えてきたので虫除けアロマスプレーを作りました。柑橘系の匂いが好きなので、虫除けの効用も兼ねて使用しています。虫除けの効用がある精油は、シトロネラ、レモングラス、ゼラニウムなど。単品で使用しても、ブレンドして使用しても効果は同じですので、好みの香りにブレンドすると楽しいです♪

なんとなく憂鬱な気分になりがちなこの季節、アロマ生活も気分転換にいいですよ☆

(玲)

梅雨入りにて思う事

皆さん、こんにちは笠井です。

とうとう関東も入梅入りしましたね。

この時期は毎年、知人の法要がありいつも雨が降っている思い出があります。

今年は、すっきり晴れで暑いくらいでした。

法事に行くといつも思う事があります。

日本の、通夜、告別式、葬儀の時間は誰のためのものなのだろうか?

本来一番悲しむべき遺族が悲しむ暇が無いのではないかと?

前回の「感情」の話でも書きましたがきちんと悲しむべき時に悲しむ。

そうしないと、やはりこころにしこりが残るのではないのだろうか?

悲しむ事は、故人を忘れることとは違います。

しかし我々は「今」を生きています。

故人とともに「今」を生きていく為に悲しむ時間が大切なのかと私は思います。

~告知~

来週21日は横浜国際交流支援協議会で「自己理解講座」です。

今回は初めに「ジョハリの窓」をやってみたいと思います。

そして、自分自身の活性している自我と不活性な自我を知り

自己理解につなげて行きたいと思います。

申し込み締め切りは17日の水曜日です。

皆様と会場でお逢いできる事を楽しみにしております。

セーフティネットの実際1

ついに障害者年金制度の悪用で逮捕者がでてしまいました。

産業カウンセラーとして、セーフティネットの使い方は覚えておくべきだ、と普段から思っている私は非常に残念です。

そもそも障害者認定や障害年金の受給決定は誰が行うのでしょうか?

まず医師の診断書が必要です。ここで医師だって次から次へと診断書を書くわけではありませんし内容に虚偽を書くわけではありません。

しかし今回の事件は医師は明からに障害者認定がされるように診断書を書いています。

もちろん患者がそのように振舞ったわけですが。

通常この診断書を書いてもらうのには料金が何千円か発生します。しかしこの医師は、障害年金のための診断書を「障害者年金がもらえるから」という理由で何十万という異常な値段を取っていたようです。

このような診断書は次にどこに行くのでしょうか?

次回、診断書の行方、を紹介します。

(誠)

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »