無料ブログはココログ

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日の6件の記事

金融教育

CFP(ファイナンシャル・プランナー)の資格更新のための継続講習を受けています。“?”なことが色々あって、継続学習以上にその疑問を考える方が面白いです。

例えば、年金制度についてですが、今の年金制度はあてにならないので、個人年金や確定拠出年金で、自己防衛しましょうというような内容のことが当たり前のように伝えられます。それにはいくつかの?があります。

ひとつは、将来の資金のために今の生活を切り詰め、楽しめない人がいるということ。切り詰めて将来の資金を確保できる見通しのある人はいいですが、それもできない人は不安感だけが増してしまいます。

また、自分だけの将来の年金を確保することを考えても仕方ないのではないかということです。10人中何人が将来の資金を、今の仕組みの中で確保できるかわかりませんが、2~3割程度ではないかと思います。そうすると、残りの人たちは非常に厳しい生活になるでしょう。そんな中で、現状のような安全な生活が送れるようになるとは思えません。「恒産なければ恒心なし」です。平たく言えば「自分が食べることができなければ道徳心もない」というような意味です。

自分だけがよければ良いという発想は、決して自分だけがよしにはならないと思います。小さいときの金融教育が大切と言われていますが、それ以上に人間教育が大事だと思います。

その他に思うのは、今回の景気刺激策ですが、一番手っ取り早いのは、相続税の仕組みを変えることだと思います。数千万円の控除をやめれば、すぐに消費に回ると思います。富の再分配にもなりますし。改めて、資本主義経済は、金持ち(資本家)が金持ちになる仕組みであり、それを是正するために政府の活動に期待したいが、どうもそれは難しそうです。庶民からの視点を大切にしたいものです。

(おなけん)

ビバ!「おばちゃん」!!

お子様相手に、自分のことを

「おばちゃん」と私は言いますが、お子様

の親御さんは、

「お姉ちゃん」と私のことを呼ばせようとします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう「おばちゃん」でいいぢゃん。

「おばちゃん」って呼ばせてくれっ。

余計な気遣いは無用ですっっ!!

・・・心の中で叫んでいます(笑)。

そして、その親御さんのそんなお気遣い

との間で、その空気に堪えられていない

自分がなんだか好きだったりしています

(↑ ちょっと変な人かも)。

そんな妙齢な自分を実感する出来事でした。

変な内容ですみません・・・。

(iwase)

枠にとらわれちゃってます・・・

先週の日曜で終わりましたが、CC講座を受けていました。
久しぶりにロープレしましたが自分の癖がまた良くわかりました。
自分の枠で聞いてしまうことがあり、いけないけない・・・
日々訓練してないとだめですね。。。。
で、子どもの発想の柔軟さを感じたお話ですが、
先日子どもが見ていたテレビでニューハーフのお姉さん(?)が、中学時代の話をしていて、
高校生になるときに詰襟を着るのは嫌で男の子だけれどもセーラー服で通える高校をお母さんと一緒に探したという話しなんですが、理解あるお母さんが必死で、いろんな学校に問い合わせたり行ったりして・・・一杯断られて・・という話しだったのですが、
子ども曰く「制服のない学校にいけばいいのじゃない?」と。。。。
おーそうだよね、制服のない学校(私服の学校)にセラー服で行くのだってありだよね。(いや実際にOKかどうかわかりませんが、、、)
セラー服で通いたい=制服のある学校と、制服に拘っていたから考えつかない発想でした。そうだよね。うんうん。とうなずいてしまいました。(hoso)

伸びる人の7つの条件

実は私、何冊もの本を平行して読むのが苦手でして、1冊の本を重点的に読むことしかできない不器用な面があります。しかしながら昨日からですが、ちょっとした挑戦として、重点的に読んでいる本と平行に、4年前に購入した本を再読してみることにしました(と言っても、以前、付箋をつけたところを中心に読んでいるだけと言うオチがついていますが・・・)。

再読した本は、高校教師になった元プロ野球選手を取材したドキュメンタリーな本ですが、とても気になるところがありましたので抜粋します。

1、            素直であること

2、            好奇心旺盛であること

3、            忍耐力があり、あきらめないこと

4、            準備を怠らないこと

5、            几帳面であること

6、            気配りができること

7、            夢を持ち、目標を高く設定することができること

この7つの条件は、勝負の世界で一流になるための必須条件であり、この中のどれかが欠けていたら一流にはなれないと言っています。長い間、プロの世界に身を置いていた人が言っていたことですから間違いないですが、決して勝負の世界だけではなく、我々にも関係している条件だと感じませんか。

この7つの条件についての理由などと言った細かいことは長くなるので割愛しますが、皆さん、心を落ち着かせて、日頃の自分を振り返ってみては如何でしょうか。

ちなみに私は、まだまだです。

(大)

「ありがとう」の言葉

みなさんこんにちは、笠井です。

この勉強を始めて変わったことのひとつに

「ありがとう」とちゃんといえる様になったことがある。

「あざーっす」や「サンキュウ」、「グラッチェ!」ではなく

「あ・り・が・と・う」とはっきり日本語で!

皆さんはいかがですか?「ありがとう」と言っていますか?


もちろん、今まで言ってなかった訳ではないのですよ。

今は「ありがとう」といったときに、自分自身がすごく気持ちがいいのですよ。

言っている自分自身に無理がなく、照れもなく、相手に何か期待するのでもなく。

私にとって素敵な日本語、「ありがとう」にありがとう。

インフルエンザの影響

私たち産業カウンセラーは、基本的には産業カウンセラー協会という協会に入会しています。毎年年会費がかかるのですが。

このブログの読者の方もすでに協会のホームページを見てる方、たくさんいると思います。

その協会は一年に一度、全国大会という大きな大会を各地で開催します。毎年各地で持ち回りなんですが、今年は神戸で行う予定でした。

それが、な、何とインフルエンザのため中止。。。と今年は開催されないことになりました。

ほかにもこのウイルス騒ぎで中止になったイベントがありますね、コンサートとかお祭りとか。

まあ予防に努めることは大切なのですが。

私にはどーもイマイチこの、各地のインフルエンザ対策がやりすぎのような気もしてしょうがいないんです。

みなさんの勤務先や町お住まいの町でもいろいろ意味があるようなないような対策が進んでいることと思います。

確かにふつーの風邪ではないので気をつける点は気をつけましょう。

(誠)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック