無料ブログはココログ

« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »

2009年1月4日 - 2009年1月10日の7件の記事

メールのご返信について

本日から高崎や東京、大阪での直前の勉強会がはじまります。内容は、今まで勉強したことの整理(はじめて聞く人もいるかも…)です。

そこで、しばらくみなさんからのメールへのご返信等が遅れてしまいますことをお知らせいたします。申し訳ございませんが、ご理解のほどお願いいたします。

久しぶりの試験という方も多いと思いますが、みんな不安な気持ちは一緒です。とりあえず、自分のできる範囲でできることをしましょう(後悔しないために…)(^^)v

それと試験は絶対受けてくださいね。ダメだと思っていも、マークシートですから奇跡がおこるかもしれません。

(おなけん)

小さな役目。

ここ何ヶ月か、私の店で毎月お客様に
お渡ししているお知らせに、傾聴について
とか、メンタルヘルスについてとかを
ちょこちょこっと「閑話休題」として
書いています。
最近になってやっとお客様から反応が
あらわれてきています。
「これってどういうことなんですか?」
とか、
「こういうことだったんですね」
など。
本当に小さな反応なのですが、そんな
小さい気づきを感じてもらえている
ことが、
「産業カウンセラー」としての
役目のひとつなのかなと感じています。

そんな小さなことですがこれからも
続けていきたいと思っている今日この頃
です。    (iwase)

マルクスの言葉

個人的に共産主義でも、社会主義でもないのですが、マルクスの言葉にはっと思わされましたので、紹介します。

「人間が自分自身でつくりだしたものによって支配された状況」

「労働者が熱心に働けば働くほど労働単価は低くなり、労働はたんに苦役となってしまうとともに、自分自身の創造的エネルギーを一切使わないため、彼らに喜びはなく、たんに肉体的・精神的に疲弊するだけである。これはすなわち労働からも疎外されることである。こうして労働者たちは、すべてのことから疎外されるのである」

『「西洋哲学・思想」がよくわかる本』より抜粋

(おなけん)

改めて思う

新年を向かえ、久方ぶりに産業カウンセラー協会と支部のHPを見ました。いろいろと講座やってるな~、という感じです。そして毎度、参加費は高いな、と。内容が伴えば良いのですが、正直そうなっていないのが多くの方からの声です。だからこそ、ポイント制にして参加させようとしているのでしょうが…。

このような現状は、「
とりあえず協会が何かすれば、参加する」という私たちにも問題がありそうです。

「学びて思わざれば則(すなわ)ちくらし、思いて学ばざれば則ちあやうし。」

とりあえず産業カウンセラーの資格を取った。次はさらに○○の勉強。次は○○。というように、次へ次へという人が多い感じがします(自分もそうでしたが^_^;)。ただ、これをすると先のように協会が実のない講座を連発します。さらに自分自身の成長の足かせになってしまいます。やはり一度学んだものをしっかり見につけ、体得してから次のステップに入る方が良いと思います。学んで、それを思慮し、次に進む方向や足りないもの・充足したいものを見出す必要があると思います。

産業カウンセラーの勉強は非常に有益だと思います。自分を振り返り、生まれ変わりの機会を与えてくれると感じています。ぜひ学んだ知識と技能を実生活で活かすことに、まず力を注いでください。そうすると、日々の生活は楽しく、家族や友人たちとの関係はより一層良くなることと思います。

今、私はみなさんにカウンセリングなどについてお伝えすることをしていますが、自分が幸せを感じられなくなったら辞めようと思っています。自分が幸せだからこそ多くの人にそれを伝えたい・実践していただきたいと考えています。そのためにはまず家族との関係を大切することが重要だと思っています。そして、その実現のために産業カウンセリングの勉強でえたものを使うことが必要だと感じています。

学び、それを自分の幸せのために使いましょう。さらなる苦悩のために使うのは少し考えた方が良いと思います。

いずれにせよ、試験が近づいてきました。この試験をクリアすると、いろいろなことを考える機会を得ることができるでしょう。みなさんを応援しています(*^_^*)


(おなけん)

血液を脳に巡らせるためには・前編

年末年始の連休が終わり、仕事にも慣れてきて普段の生活に皆さん戻っていると思いますが、産業カウンセラーの試験を控えている皆さんは、どのように過ごしたのでしょうか?

連休中は計画通りに試験勉強が進んだ人もいれば、そうでなかった人もいるかと思います。計画通りに進んだ人は調子を崩さずに、このまま進んで欲しいと感じますし、そうでなかった人はまだまだ時間はたっぷりとありますので、今週末から始まる3連休に遅れたぶんを取り戻すかのように進めて欲しいと感じます。

さて、昨年の「脳は思考系だけではない」の中にある、効果的な6つの方法の続きを2回に分けて説明しますが、今回はその前編です。

まず最初に「散歩などの軽い運動」は足を中心とする全身運動であり、血液が脳の高いところまで汲み上げられることから、脳全体に血液が巡りやすくなります(脳だけでなく、もちろん体全体にも)。これは足を動かす為の機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているからだと言われているからです。また散歩のコースをたまに変えることにより、周囲の状況を広く集めようとして思考系が使われますが、散歩をする時間がない場合は通勤通学径路を変えてみることも効果的かもしれません。

2番目として「部屋の片付け」ですが、気になったところを片付けていく為には、パッと状況判断をしたりします。これは手の運動のみならず、前頭葉が司る選択や判断の機能を大まかに使う活動なので、脳の準備運動には最適であると考えられています。

3番目の「料理」ですが、効果的な理由として、部屋の片付けと同様に手の運動だけでなく前頭葉を使って選択や判断すると言う要素入っていると共に、思考系を使うクリエイティヴな活動です。

もし料理ができなければ(特に男性)、4番目として「ガーデニング」でも良いと言われています。これは部屋の片付けや料理をする時の効果プラス癒しの効果も期待されていますので、脳の感情系がイライラしていると感じていたら、それを抑制する為に働き、妨げることなく思考系を使えるようになります。

(大)

がんばれ受験(検)生

これからのシーズンは中学受験や高校・大学受験の入試シーズンでもあります。1月17日・18日は大学入試センター試験で、受験生も追い込みの時期です。産業カウンセラーの試験を受検されるみなさんも、いよいよ気持ちの引き締まる時期ですね。

この時期特に気をつけてほしいのは、やはり体調管理。ストレスをうまくコントロールしながら、免疫力を高め、本番に備えましょう。ストレスを受けると風邪を引きやすいというのはみなさんも学習されましたよね?

自分を大切にすることも合格の秘訣です。

がんばれ受験(検)生!

(玲)

残り1ヶ月きりました

あけましておめでとうございます。
例年より少し長かった冬休みも今日で終わりという方が多いのではないでしょうか?
また、看護、介護職の方、年末年始も勤務された方多いと思います。
お疲れさまです。

産業カウンセラー試験も1ヶ月をきりました、もうみなさんの実力はあります、あとは落ち着いて復習をしていきましょう。そんな時期です。

障害者福祉についていえばこの2009年は雇用対策と一緒に政府の支援が手厚くなれば嬉しいのですが、、、これは政局によって左右されてしまいますのでなんとも言えませんね。

ただ現状の政府支援は非常に手薄なわけでして、今年こそ拡充を願うばかりです。

(誠)

« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック