無料ブログはココログ

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

2009年4月5日 - 2009年4月11日の5件の記事

『ゆるすということ』

「楽しく生きるための人間関係勉強会」の中で紹介する予定のひとつに“ゆるすということ”があります。参考にした『ゆるすということ』より次の文章を紹介いたします。怒りやねたみ、嫉妬ではなく、ゆるすということ、つまり愛や同感、思いやり、受容できる自分に気づき、変容することをひとつの目標としたいと思っています。

私たちが怒りを手放さずに他人を罰していると、結局自分も檻の中に閉じ込められるという事実をエゴは必死で隠しています。

「ゆるさないという思いは、心に穴を開ける」ということです。

ゆるさないでいると、喪失感や悲しみを味わい、安らぎや愛が感じられなくなるだけでなく、人づきあいができなくなり、人間同士のスピリチュアルな絆も断たれてしまうのです。

(おなけん)

物の見方。

今年に入って、「内観療法」の本を何冊か読みま

した。

その影響で「親」との関係を見直してみたくなり、

12年前に他界している父のこと、そして母に

ついても同様に考えてみました。

結果的には、人間って「してもらった」ことよりも、

「してくれなかった」ことの記憶が先にくるのだ

なあと改めて感じました。

「親なんだからしてくれて当たり前」

って思って、してもらったことに目を向けず、

してもらえなかったことばかりに目がいって、

関係がきぐしゃくしてしまっていたことに気づき、

はっとしました。

「してもらう」ことを当然などと考えないで、感謝

気持ちを忘れずに、

「何を相手にできるのだろう」

ということを常に考えられるようになりたいと、

強く感じました。

そうすると、あまりうまくいっていなかった母との

関係がなんとなくスムーズに。

そして、ここしばらく行っていなかった父の

お墓参りに行こうと思います。

・・・といいつつ、「内観療法」すべて受け入れて

いるわけではないのです。

「してあげたこと」についても考えるのですが、

「してあげる」というニュアンスがなんだか???

って感じで。

「してあげる」「してあげた」ってなんだか

上目線という感じで好きではないのです。

ま、こういうところは見ないことにして、取り入れ

られるところは取り入れて、これからもいろいろな

「療法」を勉強しつつ、自分にも取り入れていきたい

と思っています。

(iwase)

里帰りみたいな感じ

先月末に、琵琶湖がある滋賀県へ行ってきました。

7年ほど住んでいましたが、滋賀県を離れて10年以上の月日が経ちながらも行く度に感じることは、実家へ里帰りしてきた感じで、旅行と言う感覚は全くと言っていいほどありません。なんだか、おこがましいですが・・・。

なぜ行ってきたのか、その理由として、色々とお世話になった知り合いの息子さんが今春大学を卒業して社会人になる為(なった為)、彼に直接会ってお祝いしたいので行きました。

私が住んでいた頃は小学校の低学年だったのに、立派に成長した彼とお話をしていると、時のはやさを感じる一方で、あの頃の私は何を考えて生きていたのかと振り返ってみると、とても恥ずかしい記憶ばかりを思い起こしてしまいました。(笑)

私は必ず琵琶湖へ行くのですが、行く度に自分自身を振り返りながら、これからのことを考えたり、無心になったり、また行けば何かが発見できるのではないかなと思ったりしながら琵琶湖や周辺の景色を眺めています。

眺めていると自然に元気や自信が出てきたりして、自分の良い点や改善点など新たなる自己理解ができるようになってきます。

そう言う状態で元の生活に戻ると、いままで苦しいことやつらいことなどがどうでもよくなって、生意気ですが少し自己成長できたのではないかと思います。

(大)

P1030982_2 P1030980

リフレッシュ

昨日まで、4日間沖縄に行ってきました。ので、土曜のブログがかけませんでした^_^;

仕事も残っているのですが、今年に入ってから自分自身がゆっくりする時間もなく、家族との旅行もしていなかったので、思い切ってお休みしました。最近自分で仕事をどんどん作ってしまっている傾向もあり、悪循環をうまく断ち切れた感じでもあります。

沖縄は、東京よりも10度以上高く、海開きはしていませんが、海水浴している人もいました。エメラルドグリーンの海やサトウキビ畑など、美しい穏やかな景色をみて、とてもやすらぎました。色々な人たちとも出会え、充実した時間を過ごすことができました。

煮詰まっているときは、思い切って休みをとるのは良いな、と思いました。戻ったらそれなりに何とかなるような気がします(*^_^*)

Sbca0120




Sbca0107


(おなけん)


ソリューションフォーカス2

いや、東京は桜が満開です。このぼブログの最後に写真でも入れうようと

思ったのですが、なんせ撮影がヘタなんでやめておきました。

そんな春の日曜日の話題はソリューションフォーカスの2回目です。

先週の復讐で解決方法には3つがありましたね。

先週は原因追及型でした。

今週は、成功追及型について。

これは、原因を追及しないで、問題が解決し成功した状態を追及するというものです。

これはちょっと違和感を最初覚える方がいるかもしれません。

だって、問題を解決しないで成功は普通はないと考える場合が多いからです。

しかし実はそれは「思い込み」なんです!!。

ある参考書にこんな例がのっていました。

「衝動買いが問題である」→衝動買いするのにいちいち理由って考えませんね。

さらに、衝動買いをやめるために、衝動買いをする理由は必ずしもわかる必要がありませんね。

たとえばそんな場所に行かない、カードを持たない、などがやめる方法なんですが、このとき衝動買いする理由は必ずしもこれではないですよね。

こんなふうに成功方法へのフォーカスをして、原因追求はどうでもいいような考え方が

ソリューションフォーカスの成功追及型です。

ってそんなうまくいけ、誰も悩まないだろう?って。。。

そうなんですが、この方法、カウンセリングの有効な方法として認められているひとつなんんですよ。

(誠)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »