無料ブログはココログ

« VDT症候群・1 | トップページ | VDT症候群・2 »

真っ赤なテキスト

皆さんこんにちは、笠井です

さて、メンタルヘルス検定も終わり次は産業カウンセラー試験ですね。

産業カウンセラー講座のテキストは、近年改編され労働経済など新たな項目も増え、

ボリュームもアップしましたね。

又、直近の過去問題がないと言うのも対策が難しい所ですね。

このような時はどういった自主勉強が良いか…

やはり、テキストの「精読」だと私は思います。

ここでちょっとしたポイント。

皆さん、テキストの大事だと思うところに蛍光ペンなどでラインを引いていませんか?

例えば、

専門的援助活動としてのカウンセリングは20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは、①教育指導運動、②教育測定運動、③精神衛生運動の3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

このように文章全部にラインを引いてしまうと逆に大事な情報がぼやけてしまいます。

よくラインを引きすぎて、結局何が大事かわからなくなったなんてことありませんか?

真っ赤や真っ黄色のテキスト見たことないですか?

そこで引きたい気持ちをグッと抑えて

専門的援助活動としてのカウンセリング20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは①教育指導運動②教育測定運③精神衛生運動3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

と、この部分だけにするとこの文章の必要な情報が浮き上がります。

専門的援助活動としてのカウンセリング20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは、①教育指導運動②教育測定運③精神衛生運動3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

等、色を変える事も効果的ですね。

いかがでしょうか?

そして、ラインを引いたところから自分自身で問題を作って、友達同士で出し合うこと。

これも力がつきますよ。

これらはあくまでも私の体験的感想ですがよかったらやって見てください。

« VDT症候群・1 | トップページ | VDT症候群・2 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/46727138

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤なテキスト:

« VDT症候群・1 | トップページ | VDT症候群・2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック