無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の14件の記事

~本の紹介~

皆さんこんにちは、笠井です 

明日から12月ですね~ 

試験を控えている方は体調に気をつけて下さいね。 

どんなに勉強しても、当日に試験会場にいって試験を受けられなければ絶対に合格はないですからね。 

さて今日はほんの紹介です。

ご存知の方も多いかと思いますが「思考の整理学」(筑摩書房)です。
お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが書いた学術エッセイです。

チョコチョコ読み進めていますが、いちいち考えさせられる事ばかりで楽しいです。もともと「思考」人間なのでピッタリなのかも知れません。

Photo_2

感謝

2日間、川崎で学科試験の勉強会を終えました。来てくれた皆様、本当にありがとうございました。次回の3回目もよろしくお願いします<(_ _)>

今月頭から、私は産業の勉強会に参加させていただいていますが、大阪、東京をはじめ、私共の勉強会に参加いただき、心から感謝いたします。

当方の不慣れな講義に、温かいまなざしで聞いていただけ、安心してお話できるのは何より大きな支えです。正直、勉強会が終わったその日は、感謝で胸が熱くなります(T_T) 昨日は1時間も延長してしまい、講師としては失格なのですが、参加していただいた方たちには、そのようなことも寛大な心で許していただきました(だぶん^_^;)。ごめんなさい。

11月がもうすぐ終わり、12月となりますが、残り2ヶ月、みなさんと同様に、一生懸命、取り組んでいきます。みんな一緒に合格を手にしましょう(*^_^*)


(おなけん)

特別企画講座 

2009年 12月 13日(日) 

 

特別企画講座 

 大人の魅力Up↑↑セミナー&パーティー

  

◆「魅力」とは誰しもが必ず持っていて、すでにあなたの中にあるものです、しかし、それに気付いていなかったり、たまたま上手く発揮できていない事もあります。この講座は自分自身の「魅力」を再確認・再発見し、「自分自身の魅力が充分に発揮されている状態」とはどんな状態かを知る講座です!そして、あなたがいつも魅力的で、キラキラ輝いていれるように!

セミナー編

カードツールを使ってのグループワークや交流分析の知識を通して、自分自身の魅力を再発見・再確認しましょう!

パーティー編

お店自慢の美味しい料理とお酒を楽しみながら今日、学んだ知識を実践してみましょう!又、懇親会には講師も参加しますので、聞き逃した事や、日頃から疑問に思っていた事など遠慮なく聞いて下さい!

 

講師 山本陽世(セラピスト)

   笠井 淳(交流分析士・精神保健福祉士) 

   

日時 2009年 12月 13日

(日)

    14時~ セミナー編

    17時~ パーティー編 20時頃終了予定 

 

◆場所 dining bar WADACHI(ダイニング バー ワダチ)にて 

 

神奈川県横浜市中区吉田町4-6

吉田町

1共同ビル1F

 ℡045-263-3320(担当:松岡)

 ぐるナビ http://r.gnavi.co.jp/e187600/map1.htm

◆料金 ¥8000 講座料金・パーティー飲食費込み

          当日受付にてお支払い下さい

◆申し込み方法 メールにて junk13jp@yahoo.co.jp  

件名「12/13 講座申し込み」

本文①氏名 ②ご住所 ③当日連絡の取れる電話番号、をお願い致します。

詳細等、ご不明な点はjunk13jp@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。 

◆締め切り  12/5(土曜日)

 完全予約制につき12/5以降のキャンセルはキャンセル料金¥5000が発生いたします。 

◆募集人数 12名様 限定です。先着順。

皆様と会場でお逢いできる事を楽しみにしています

VDT症候群・4

VDT症候群の予防として、VDT画面は直射日光を避け、十分に明るく、照明が反射しない場所に設置してください。1時間に10分程度休憩を入れ、体操や遠くの風景を見たり、目を閉じたりしましょう。人工涙の点眼を通して眼球乾燥を防止するとよいでしょう。画面と目の距離は40~50cm位に保ちます。画面を少し下に設置すると視線が下に向かうので、目の乾燥を防ぐことができます。異常を感じたら、空調から出る風が直接身体に当たらないようにしましょう。

また治療として目の乾きを防ぐために、点眼薬の治療を行うと同時に、適度な運動で身体をほぐすと疲れがとれます。眼科に行って、目の疲れを和らげ、目に潤いを与える点眼薬や、身体や目の緊張をほぐす飲み薬などの治療を受けるのも良いでしょう。

(大)

富士山

3連休は、山中湖の近くにあるホテルで研修でした。とても充実した内容で、天気も味方してくれて、景色もとても良かったです。
素敵な人々との出会いもあり、こころから癒され、感動しました。
学んだ内容は、自分なりに噛み砕いて、みなさんにご案内したいと思っています。来年の3月頃に開催できればと思っています。

Sbca0053_2









↑ダイヤモンド富士

Sbca0058_3









(おなけん)


名言

レタスは植えたけれどよく育たなかった場合、そのレタスを責めることはしないはずです。
よく育たない理由をいろいろと探します。
もっと肥料が必要かもしれない。
もっと水をあげる必要か゛あるかもしれません。
日当たりがよすぎるかもしれません。
レタスを責めることは絶対にしないはずです。
しかし、友人や家族に問題があるとその人を責めます。
よく面倒をみてあげれば、人もレタスもよく育つのです。
(シック・ナト・ハン)

けだし名言です。ついつい他人の欠点
(自分の気に入らない点)や気に入らない行動があると、自分では何も努力も行動もしないで、その人に変わるように言ってしまいます。人をレタスと思うのは行き過ぎかもしれませんが、そういう目で見ると人への対処の仕方も変わってくるかもしれません。

今週感銘を受けたいくつかの名言を紹介します。

愛をいたるところに広めることです。
まずはあなたの家庭から。
(マザー・テレサ)

産業カウンセラーを含め、カウンセリングや自己啓発などで勉強したことを、ぜひ家庭などの身近なところで発揮して欲しいと思います。

いたわりがなければいくら知識があっても意味はない。
(作者不詳)

自分自身を満足させるために生きた人生は誰をも満足させることはない。
(ヴィック・キッチン)

こんな言葉を、今週は自分の手帳にメモしました。何かあったときに、見るとモチベーションが上がったり、癒されたりします(*^_^*)


(おなけん)


VDT症候群・3

VDTから出る電磁波は人間の身体に影響を及ぼすのかと言われれば、電磁波自体は低レベルのものですので影響はありません。また、ディスプレイの前面にフィルターを付けても、ディスプレイの周囲から電磁波が出ていますので効果はありません。

また角膜炎、結膜炎、ドライアイ、緑内障の人は過度なVDT作業を控えましょう。異常を感じたら、早目に眼科専門医に相談しましょう。

早期発見、早期治療です。

(大)

空想を使ったワーク

皆さんこんにちは、笠井です

11月も半ばですね~、いかがお過ごしですか?

私はここのところ試験や講習が続きお疲れモードです。

さらに、来期講座の話などもあり気分は来年の夏くらいに先行っています「あたふた」しています。

我々は、先のことを考えて自分自身を「不安」にさせるという特技を持っています。

そんな時、再決断療法の創始者グールディングは「面白い事」と「少しHな事」を考えろと言っています。

「不安」も空想です、ならばそれを打ち消すのに空想を使うという考えです。

つまり「刺激」に対して、決断を扱わずに「反応」を変えていくというやり方です。

ある人は、嫌いな上司への反応を変える為に、空想でその上司にハゲのかつらをかぶせました。

すると、イヤでイヤでしょうがなかった上司が近づいてくるたびに笑いを抑えるのに必至になったそうです。

皆さん、空想はタダです。

使ってみてください。

読書の秋

先週から本格的に産業カウンセラー試験の対策講座も始まり、本業は本業で希望退職や新プロジェクトなどあわただしく業務が飛び交い、少々お疲れ気味。

自分だけのことであれば即決できることも、周りのスタッフや一緒に仕事をしている取引先、相談に来てくれる同僚のことを考えるといろいろ悩むことも多く、もやもやというより鬱々とした日々をこの1カ月以上送ってます。

そうは言っても、マイナスにばかり考えていては先に進めないと思い、本屋さんでふと目に止まった2冊を先日購入し、一気に読んでみました。

「生き方 (稲森和夫著)」「しがみつかない生き方 (香山リカ著)」です。元気な時なら選ばなそうなタイトルですが(笑)、車内広告でよく目にしていたので、買ってみました。

人生論なんて、って思われる方もいらっしゃると思いますが、読んでみると当たり前のことを当たり前にできる生活こそ大切なのだということが、あらためてしみじみと伝わってきます。

人間、誰しも迷うことはあり、それはそれで当たり前だと思います。そんな時、こういった本を読んでみるのもいいなぁ、と素直に感じました。

単純な私は、読み終わって元気になってました(笑)

(玲)

こんなことを言うのは何ですが^_^;

産業カウンセラーの試験対策勉強会がはじまりました。目的は試験に受かるためなので、試験に関係した内容を第1にお伝えするのですが、それ以外に、勉強することの楽しさや、勉強した知識の活かし方などもお伝えしているつもりです。

テキストの内容は、それぞれの単元で構成されていて、バラバラのようですが、それぞれが関連しています。その接着部分を上手くリンクさせて理解すると結構楽しい勉強になるのではないかと思っています。

試験を受けられる方は、折角の勉強の機会ですから、興味のある単元を掘り下げて勉強するのも面白いと思います。掘り下げると、他の領域の知識も自然に入ってくるものです(^^)

今は、全体像が見えず、手探り状態の方が大部分だと思いますが、あせらず着実に、根気強く勉強してください。そうすると、ブレークスルーするときがあらわれるでしょう。

ぜひ楽しんで勉強していただきたいです。

<募集中の勉強会>

川崎・産業カウンセラー学科試験勉強会

横浜・産業カウンセラー学科試験勉強会

大阪は、今度の14日(土)から開催です。みなさんと、楽しみながら勉強していきたいと思っています。

最近読んだ本に以下のようなことが書かれていました。

「生徒は安全であると感じなければ自由に学ぶことはできません。

先生は安全であると感じなければ自由に教えることはできません」

学校の勉強もそうですが、勉強会やセミナーも、相互が安全を感じなければ、楽しく学ぶことはできないな、と改めて感じました。ぜひ安全な雰囲気の中で、自由に楽しく勉強をお互いにしていきたいと思います(*^_^*)

(おなけん)

VDT症候群・2

VDT症候群の症状として、視覚系症状、骨格筋系症状、精神神経系症状があらわれます。

まず視覚系症状としては、ドライアイと呼ばれる眼球の乾き、目のかさつき、充血、痛み、異物感、涙の流れ、目の疲れ、視力の低下、物がぼやけるなどがあります。その他に長時間作業による眼精疲労がおこります。次に骨格筋系症状としては、肩こり、首・肩・腕の痛みとだるさ、背中の痛み、手指のしびれなどです。最後に精神神経系症状としては、イライラ、不安感、抑うつ状態、睡眠障害などです。

皆さんも、パソコンやゲームなどの端末を使っているときに、このような症状を感じませんか。

(大)

真っ赤なテキスト

皆さんこんにちは、笠井です

さて、メンタルヘルス検定も終わり次は産業カウンセラー試験ですね。

産業カウンセラー講座のテキストは、近年改編され労働経済など新たな項目も増え、

ボリュームもアップしましたね。

又、直近の過去問題がないと言うのも対策が難しい所ですね。

このような時はどういった自主勉強が良いか…

やはり、テキストの「精読」だと私は思います。

ここでちょっとしたポイント。

皆さん、テキストの大事だと思うところに蛍光ペンなどでラインを引いていませんか?

例えば、

専門的援助活動としてのカウンセリングは20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは、①教育指導運動、②教育測定運動、③精神衛生運動の3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

このように文章全部にラインを引いてしまうと逆に大事な情報がぼやけてしまいます。

よくラインを引きすぎて、結局何が大事かわからなくなったなんてことありませんか?

真っ赤や真っ黄色のテキスト見たことないですか?

そこで引きたい気持ちをグッと抑えて

専門的援助活動としてのカウンセリング20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは①教育指導運動②教育測定運③精神衛生運動3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

と、この部分だけにするとこの文章の必要な情報が浮き上がります。

専門的援助活動としてのカウンセリング20世紀初頭のアメリカでおこり発展してきた。そのルーツとされているのは、①教育指導運動②教育測定運③精神衛生運動3つの社会運動で3大源流と呼ばれている。

等、色を変える事も効果的ですね。

いかがでしょうか?

そして、ラインを引いたところから自分自身で問題を作って、友達同士で出し合うこと。

これも力がつきますよ。

これらはあくまでも私の体験的感想ですがよかったらやって見てください。

VDT症候群・1

VDT症候群とは、パソコンやテレビゲームなどの端末であるVDT(ビジュアル[Visual] ディスプレイ[Display] ターミナル[Terminal])を用いた長時間作業により、目、体、心などに影響が出る病気で、別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。そして私たちの周りにはたくさんのVDTがあります。

視線がパソコンのディスプレイやキーボード、書類の間を頻繁に移動するため、疲労がはげしくなることや、画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が約1/4に減り、目が乾燥して負担がかかります。また長時間同じ姿勢をとり続けるので、首や肩、腕などの痛みがでてきます。現代の新しい病気とされ、オフィスで増加しています。

しばらくは、このVDT症候群について、お話をさせていただきます。

(大)

試験をおえて

皆さんこんにちは、笠井です。

さて、昨日のメンタルヘルス検定はいかがでしたか?

勉強した事はすべて出せましたか?

結果は一ヶ月半後ですね。

まずは 、試験にトライした自分自身、勉強した自分自身、頑張った自分自身

にたくさんストロークをあげてください。

そして勉強した知識はまちがいなく皆さんのものになっています。

ちゃんと整理していつでもとりだせるようにしておきましょう。

それが「勉強した意味」なのかな~と私は思います。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »