無料ブログはココログ

« 匠な友人 | トップページ | 天災 »

スヌーピー

ひさしぶりにスヌーピーの本を読みました。

「誰だってちょっと落ちこぼれ~スヌーピーたちに学ぶ知恵~」という本です。スヌーピー関連の翻訳をされている谷川俊太郎氏と河合隼雄氏の対談形式で書かれている本です。「ピーナッツ」の中には心の問題を的確に描いているところがあると河合先生もおっしゃっていますが、私も普段はマンガは読みませんが、この「ピーナッツ」は見ているだけで心が温まります。

心理学を勉強していると、どうしても活字の多い本を目にすることが増えますが、時にはこういったマンガも人生のヒントになるとあらためて感じます。「だかが4コマ、されど4コマ」です。文章より描かれたものから得られる印象は強いです。チャーリー・ブラウンが夜、ベッドの中で人生について悩んでいるシーン、ライナスが安心毛布を持っているシーンなどは心が休まります。

心理学を深く勉強する前はこんな感想を持つこともなかったのですが、最近は「ピーナッツ」の奥深さを感じるようになった玲でした。

(玲)

« 匠な友人 | トップページ | 天災 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/45824739

この記事へのトラックバック一覧です: スヌーピー:

« 匠な友人 | トップページ | 天災 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック