無料ブログはココログ

« 再決断療法 | トップページ | 『いのちを語る』 »

ハインリッヒの法則・その1

私的なことがきっかけで、あまり書きたくはない気持ちですが、皆さんに知って欲しいことだと感じましたので、2週にわたって書かせていただきます。

皆さんは、「ハインリッヒの法則」をご存知でしょうか。製造業といった工業系の企業に勤務している方なら、1度は耳にしたことのある法則です。

この法則は米国の損害保険会社に勤務していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が労働災害の事例統計を分析した結果から導き出した法則であり、「1件の重大災害(死亡や重症)が発生した場合、その背景には29件の軽症事故がり、さらに300件のヒヤリ・ハット(危うく大惨事になるもの)がある」というものです。

厚生労働省のまとめで分かったことですが、2008年度にうつ病などの心の病で269人が労災認定され、これは過去最悪の数字です。このうち未遂を含む自殺の認定は66人で、前年度より15人減ったものの、過去2番目に多かったのです。

さらに集計によると、精神疾患による労災申請は927人で、認定された269人を年代別に見ると、30代が28%、20代と40代がともに26%でした。また自殺で認定された66人のうち、62名が男性で、年代別では50代が24人、40代が15人、30代が11人と続いています。この集計を見ると、さまざまな世代で心の病を抱えていることが分かると思います。

これをハインリッヒの法則に従えば、自殺者や心の病を抱えている人が1人いる場合、自殺あるいは心の病を抱えている可能性の高い人が29人いて、不安と言った精神を揺さぶられている予備軍が300人いるということになります。つまり厚生労働省が発表した300倍以上の人が何かしらの心の病を抱えていると考えられます。

(大)

« 再決断療法 | トップページ | 『いのちを語る』 »

メンタルヘルスケア 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再決断療法 | トップページ | 『いのちを語る』 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック